少女漫画ネタバレ

人気の少女漫画やまんが全般をネタバレで紹介!漫画のネタバレならお任せ!!

少年まんがの人気漫画「トリコ」9巻を無料で試し読み!?

      2017/10/25

『トリコ』のアニメ&映画もオススメ!!
少年まんが『トリコ』あらすじ 9巻 ネタバレ
無料試し読みも紹介であらすじを全巻ネタバレ!
人気少年まんが『トリコ』の結末まで9巻をネタバレ!

トリコ9巻あらすじ

 




「トリコ」9巻あらすじとネタバレ

「トリコ」9巻あらすじ

センチュリースープを求め、屈強な美食屋と極寒の大陸・アイス ヘルヘと上陸したトリコたち一陣! だが想像を絶する環境に早くも大ピンチ! さらに、虫を操る美食會の副料理長・トミーの攻撃が行く手を阻む!!




「トリコ」9巻 ネタバレ

グルメ71:逆風の道!!

なぜか凍りつくツンドラドラゴン

トリコたちは風上へ直進

サスツルギが飛んでくる!

地面を繰り抜き休憩する間にトリコは…

美食會の面々が登場

アイスヘルに到着したトリコたちだったが、
いきなり地獄の番人と言われるツンドラドラゴンが登場します!

・・・でもなぜかそいつはカチコチに凍っていて絶命していた。

そしてその回りには以前ここにきた美食屋達も凍っていた。

まだここは大陸の入り口に過ぎない。
いままでの旅と比べて最も過酷であることは間違いなさそう。

その頃、第二陣のヘリが飛び立とうとしてましたが、
謎の長髪覆面がグルメSPの様子を伺っていた。

グルメSPは前回、何者かに全滅させられていたはずだが…

あとそのグルメSPは少し顔に傷があるようだけど、
それも何か関係してるんだろうか。

第二陣の様子を高い所から見下ろす主催者のカーネル。

カーネルがいる部屋には・・・
彼のサイボーグらしきものがズラーっと並んでいた…。

トリコが前回、奴はここには来てないといっていたのは
こういうことだったのか。それとも・・・

で、カーネルは美食會か、それもいいと
煙をふかしながらいつものように余裕の表情を見せる。

トリコたちは強風対策として固まって進むことにしますが、
一部の者はそれを拒否して別々のルートで向かうことに。

ゾンゲは長年のRPGの勘?を働かせて
一番簡単っぽいルートを探すと言い出しますw

案外本当に到達できたりして・・・

トリコ一行はトリコが先頭になって風上へ進みだしますが、
そのとき気になるものがひとつ・・・

なぜか凍った者の中の一人があきらかに肘をついて
ノンキに寝ているような者がいるのです。

トリコはそれを横目に見ながら何を思ったのか。

強風はおそらく風速30メートル。
体感温度はマイナス80℃くらいと予想される。

これは吐いた息が瞬時に凍りつく気温だそうで、
ほんと洒落にならない・・・

体力がない者は途中で凍りついてしまい、
グルメヤクザのひとりは耳が凍ってちぎれてしまうほど…

まるで液体窒素の実験みたいに・・・

それに加えサスツルギが一行を襲います。

サスツルギは南極とかに見られる天然の尖った氷で、
それが次々と罠の仕掛けが作動したように飛んできます!

実力のないものは体にそれが突き刺さり、
対処できてるのはトリコとか滝丸とかマッチくらい。

その夜、たぶんトリコが地面を大きく繰り抜いた空間で
一行は暖を取って休息しています。

滝丸は寒がる小松に温かいスープを作ってくれます。

でもおじさん(マッチ)の分はないらしいw
まだバーでのいちゃもんが続いてるんだろうか・・・

ちなみにマッチはまだ20代だそうですw

で、トリコはこの猛吹雪の中、
外に出て見張りをしています。

それは猛獣だけでなく他の何かも警戒している模様。

マッチもそれをなんとなく察知していた。

アイスヘルの入り口に第2陣が到着したころ・・・

美食會の手練がその姿を現す。

グルメSP?のひとりが
凍りついた横たわる人物に声をかけます。

いつまで寝てんだ 起きろバリー

すると氷を破ってむくっと起き上がる屈強な男。

こいつは美食會第4支部の支部長であるバリーガモン。

プロレスラーみたいなかっこうで
太ももが競輪選手より遥かにぶっといごついやつ。

素朴なギモンとしては、寒さは感じないのか…

そしてサングラスの男は第5支部の支部長
ボギーウッズという男だった。

何やら今の宿はグルメSPとか
大食いチャンピョンが弱すぎたから
こっちの物件の方が幾分かましだ、と
かなり意味深な会話をしているが・・・

これは変装なのかそれ以上の何かなのか、
現時点でボギーがどんな能力者なのかは不明。

そしてツンドラドラゴンの腹で爆発が起こり、
その中から副料理長のトミーロッドなるものが出現!

なにやら寒いから「室内」で寝ていたとのことだが…

おかっぱ頭で鋭い目をして鼻がなく、
口紅をしているような口元、

水玉模様の上着を来て
背中には虫の羽のようなものを装着している。

グリンパーチに続きこいつもかなりやばそうな雰囲気。

副料理長だからまじで強そう・・・

グルメ72:それぞれのルート!!

悲惨な一行

トリコたちは毛皮を調達し順調に進む

第2陣が一人を残して全滅

トミーロッドの口から…

凍ったツンドラドラゴンの中から現れたのは
美食會副料理長のトミーロッド。

こいつは今までの敵の中で
一番やばそうな雰囲気を醸しだしてます。

部下のバリーガモンが他の美食屋はどうします?と聞くと…

ん?決まってんでしょ 皆殺しだよ

と当たり前のように言ってるし・・・

現在の状況は、トリコ率いる第1陣が中央へ直進し、
他の第1陣は右側から進み、ゾンゲ一味はその逆へ進みます。

第2陣は全員直進している模様で、
一番後方に美食會の3人がいるという感じ。

で、さっそく大自然の振るいにかけられる一行。

別ルートをいった第一陣はアイスジャガーに襲われ、
ゾンゲ達はガウチの群れに遭遇してひたすら逃げる!

ゾンゲはガウチをこの大陸のボスだといい、
オレが知る限りこの地球上にこいつより強い猛獣はいないと
思っているようです・・・

どれだけ見識がせまいのかw

トリコ一行はフリーザバイソンにちょうど遭遇できたので
そいつらから毛皮を調達することに。

今回は滝丸とマッチが応戦することに。

滝丸は船上でも見せた独特の動きを見せた後、
フリーザバイソンの背骨の一部を見事はずします。

その動作はプリショットルーティーンといって、
本番前にイメージと集中力を高めるもの。

トリコが技を出す前に手をギャリギャリ鳴らすのもそれ。

その質が高ければ高いほど
高度なパフォーマンスを出すことができるとか!

ルーティーンといえば最近ではラグビーの五郎丸選手が有名ですね。
あとはイチローもそうだし力士でも見られる事が多いですね。

マッチは脱力後に繰り出す居合い抜きで一瞬で仕留めます!

その後も群れが出現して少し骨な状況になりかけますが、
トリコがそれを威嚇して追っ払います。

2頭で十分だとマッチにいうと、
同じ四天王でもこうも違うもんかといいます。

何やら口が大きく裂けた恐ろしい顔のイメージ図が…

おそらくその恐ろしい横顔の人物は
4人目の四天王であるゼブラかと思われます。

マッチの顔は傷だらけで迫力がありますが、
昨晩、仲間を助けてくれたお礼なのか
トリコに見張りを替わろうと言い出すところをみると
彼は根がとてもやさしい人物だと思います。

毛皮を調達したトリコたちは氷山へ急ぎます。

一方第2陣はほとんど凍りついており、
かろうじてグルメ賞金稼ぎのブルボが耐えてましたが…
後ろからトミーロッドに腹を貫かれ絶命…

でも第2陣にはまだ生き残りがいた。

トミーロッドが足あとが続いていることに気づいたのだが、
それは平然と進んでいる感じのものだった。

かなりの手練と踏んだトミーロッドは、
試しに攻撃してみようと言い出します。

すると奴は口を大きく開け、中から気味に悪い生物が・・・

ほんといろんな意味でこいつはやばい・・・

グルメ73:善は急げ!!

トリコたちが氷山に到着

トミーロッドがグロい虫を4匹吐き出す

ラッキーなゾンゲ達

虫が全て・・・

やっとこさ氷山にたどり着いたトリコ一行。

小松は限界に近かったがなんとか耐え抜きました。

もう完全に料理人のやることの域を超えてますw

グルメヤクザの面々もみな生き延びているので
ここまでは順調のように見えます。

問題は美食會のやつら。

副料理長のトミーロッドは口から危険な虫4匹を吐き出す。

ジャムグラスホッパー
捕獲レベル40

ロックビー
捕獲レベル37

アーマーホイホイ
捕獲レベル35

ゲロゾウムシ
捕獲レベル39

どいつもグロテスクな外観な寄生昆虫で、
捕獲レベルが異様に高い・・・

そしてそんなやつらをすぐに生み出せる
トミーロッドはいったい何者なのか・・・

部下の二人も地面に隠れるほどなので
そうとうやばいってわかってるようです。

今回生み出した虫は無差別に肛門を食い破り
腸に卵を産み付ける比較的優しい寄生昆虫さ。

と笑いながら言ってのけるくらいなやつです。

でも体内にはもっと恐ろしい虫?が存在するようで、
何やら不気味な顔がトミーの口から覗かせている…

それを見た部下達はゾッとするのでした・・・

トミーロッドが虫を生み出したのは
第2陣で生き残ってる者を追跡するため。

その生き残りはやはり長髪全身タイツの者だった。

彼は虫達が近づいてくるのを察知したようで、
後ろを向いて構えをとります。

その頃、ゾンゲ一味はアイスジャガーに襲われてて、
崖から転落してしまうも運良く突き出た氷に落ちます。

で、そこには何やら奥に続く洞窟が・・・

まさにRPGっぽい展開になっているっていうw

こういうやつほどしぶとく生き残るんだよね。

なんかまだまだ長生きしそうな予感がするw

トリコたちは氷山の中を進んでいて、
綺麗な氷に小松がうっとりしてます。

そして異常な風はメタンハイドレートの熱により
集まった大気が大陸の外へ吹替したものだとトリコはいいます。

なるほどって感じがしました。

そして更にトリコは意味深なことを口にします。

ツンドラドラゴンは殺されたんだと。

あの竜はあの程度の寒さではどうってことないから
死んだあとに凍ってしまったとか。

小松が言うにはツンドラドラゴンの捕獲レベルは
軽く50を超えるとのこと・・・

ということはリーガルマンモスよりも上ってことになる。
(リーガルマンモスは48)

それをいとも簡単に倒してしまうほどだから、
どれだけ強いのか楽しみでもあるし不安でもあります。

そしてもっと楽しみな要素が!

先ほどの虫達が全部ノッキングされていたのです。

ノッキングは高度な技術を要することで、
さらに先ほどの寄生昆虫は希少種らしいから
並大抵の知識と腕では出来るものではないと推察できる。

いったいあの人物は何者なのか。

トミーロッドはなんとなく心当たりがあるようだけど。

その人物も氷山にたどり着き、
マスクをはずすと何やらリーゼントヘアのようです。

長髪は飾りだったようだね!

リーゼントってことは次郎が思い浮かぶけど
彼にしては若く見えます。

話は次回へ続く。

グルメ74:冒険の理由!!

小松になつくウォールペンギンの子ども

グルメヤクザ達が旅をする理由

滝丸の旅の理由

トリコは・・・

一滴の雫が落ち、それが気化すると
あたりにはオーロラが出現していた。

それは通称「美食のカーテン」と呼ばれており、
どこかわからないが、センチュリースープの場所の
手がかりになるらしいです。

トリコたちはテントを張って
ホワイトグリズリーの肉をシャリシャリ食べていた。

オーロラはマッチが言うようにメルヘンチックだけど
猛獣が出なきゃもっとそうなのにと小松がぼやくw

たしかにそうだけどそれも貴重なタンパク源だから仕方ない。

でも珍しく可愛いやつが出現!

ウォールペンギンの子どもです。

ユンユンと鳴くそいつはかなり愛らしい姿をしてて
小松にすごくなついています^^

子どものウォールペンギンは警戒心がなくて
どんな猛獣にも寄って行ってしまうから
いまでは絶滅危惧種になっているそうな。

その代わり親はかなり凶暴なようで、
もし現れたら真っ先に小松がさらったと思われるなと
トリコは笑顔でいいますw

マッチはしっかり面倒みてやれよといって一足先にテントへ。

彼はトリコと戦うことにもなることを予想し、
早めに体力を温存することにしたようです。

トリコはどう思ってるかわからないが、
マッチの居合はかなりの体力と精神を消耗するから
見た目以上に疲れてるんだろうと感じてるようです。

で、ここでメンバーがなぜセンチュリースープを
取りに来たのかの理由が明らかになります。

マッチたちグルメヤクザの四人は
貧しい子どもたちにスープを分けるために来てたそうです。

彼らはみなネルグ街というスラム出身者で、
もともとはストリートチルドレンをしていた。

マッチはそのときすでにグルメヤクザの若頭だったが、
子どもたちにごちそうを振る舞ったことがあるそうです。

そのときの子どもの一部が今回旅をしてるメンバー。

あの時の嬉しさを超える衝撃は未だに経験がねぇ

小さいころの経験はすごく印象深いですよね!

で、マッチもかつてはストリートチルドレンをしていて、
組長に救われたことがきっかけで今があるそうです。

マッチはよくこんなことをいってるそうです。

まずは食わせてからだ 善人も悪人もそれからだ

この言葉はすごく重いと思います。

法は犯すかもしれないが人として大事なことをしてると思います。
そもそも法自体が狂ってる可能性も無きにしも非ず。

続いて滝丸の旅の理由も明らかに。

彼はライフという国にある高価な薬を買うためだった。
なんだか昔の貧しい家の動機みたいですね…

彼はグルメナイトでグルメ教の教えを守る立場ってことで
人工的な薬を使うことは自然に背くと禁止されてます。

でもライフには天然ものがいろいろあるから
教えには背かないと思っています。

ただメンバーには内緒にして1人できたってわけです。

誰を助けようとしてるかはわかりませんが、
恐らくセリフから察するにリーダーの愛丸
という人物のためではないでしょうか?

涙を流すほどなのでよほど大切な人なのでしょう。

トリコはその涙はセンチュリースープより価値があるぞと
滝丸を慰めます。

美食會とはえらい違いです!

あと地味に人工的な薬はあかんってとこもいいですね。
そこは是非リアルの現代人も見習ってほしいところだね。

で、トリコがセンチュリースープを狙う理由は、
ただ自分が飲みたいから!といって場を和ませますw

マッチはそれが自分のためだけではなく、
小松のためでもあるくせによ、とテントの中で思っていた。

今回は嵐の前の静けさって感じの回でしたね。

たぶん次回はいきなり騒がしくなりそう。

というのも、美食會の3人が氷山に到着したから・・・

グルメ75:開戦!!

トミーロッドが爆発を起こす!

トリコたちはすぐに出発

ゾンゲ達の前に現れた謎の青年

やっかいな虫達の襲来!

美食會の奴等も氷山に到着していたが、
トミーロッドがオーロラを探すのが面倒だから
ぶっ壊そうといいだします・・・

すると口から爆虫という虫をたくさん付加させ、
つぎに起爆虫というカマキリみたいな虫を吐き出すと、
それを手で切り裂き爆虫達を一斉に爆発させた!

これを皮切りについに開戦!

トリコたちはその爆発を合図に動き出します。

美食會はジュエルミートを取り損なったばかりだから
今回は戦力を投入してくるはずとトリコはふんでますが
残念ながらその通りになってます。

その頃、ラッキーなことに別ルートを見つけたゾンゲ達にも
爆発による振動が伝わっていた。

イベント発生?と思い込んでるゾンゲが先の広間に出ると…

なにやら巨大な食虫植物みたいな
猛獣が氷漬けになってる場面に出くわします!

ゾンゲはラスボスだー!と騒いでますが、
そこにあの男が登場します。

第二陣で唯一「楽勝で」生き残ってた謎の覆面です。

やっとその顔がお披露目されますが、
なにやらリーゼントでハンサムな欧米人の若者
といった感じの人物です。

口は災いを呼ぶとか言っておきながら
べらべらしゃべりだしたと思ったら急に黙るという
掴みどころのない人物ですが何者なのかw

で、彼によると氷漬けの魔物はヘルボロスといい、
この大陸の支配者だといいます。

100年前にある人物にノッキングされ、
ずっと氷漬けになってるとのことですが
本当に恐ろしいのは氷だといいます。

普段、冷凍保存されてるはずの食材をたった一度の解凍で、
巨大な生物をやせ衰えさせるほどダシを絞りとってしまうから。

てことでグルメショーウィンドウには
いまどれだけの量のダシが残っているのか気になるので
彼は先を急ぎます。

ゾンゲは名を名乗れ!と訴えますが、
今日は喋りすぎた また今度な、と
ニカッと笑顔で流されてしまいましたw

まだ彼の正体はもったいぶるようです。

そしてついにトリコたちに美食會の魔の手が!

ザリガニのようなハサミをもった虫達が一斉に襲いかかってきた!

トリコは小松をかばいますがその虫はトリコの肩を食い破り、
グルメヤクザのひとり(シン)は腕をバッツリ切られ、
目をえぐられるなどいきなり大ピンチです・・・

マッチは刀で応戦しますが動きが早くて攻撃が当たらず、
逆に体中に傷を負わされてしまう。

で、ついに奴等に場所が特定されてしまう!

雑魚敵でも手こずる今度の敵はほんとにやばそう。

グルメ76:羽音!!

トリコたちを襲ってきたのは
ジョンガルクワガタという虫で捕獲レベルはなんと38!

ものすごいすばしっこい上に
容赦なく攻撃を加えてくる凶暴な昆虫。

トリコの連射型フライングフォークも難なく躱し、
ナイフもサッと避けて脇腹から潜り込もうとします。

でも筋肉に思いっきり力を込めてクワガタを絞り出し、
7連釘パンチでやっと1匹仕留めます!

いきなり7連ってのはちょっと驚き。

グルメヤクザのシンは前回、腕をバッツリ切られ、
ほとんど宙ぶらりん状態になってしまいますが、
その切り口から中へ入り込もうとしてきます。

アイスガンという銃で打ちまくってなんとかしのぎますが
それでも貫通できないという恐ろしい屈強さです。

マッチが刀を関節に突き立て、
回転させるかぶと割りで真っ二つにします。

が、クワガタはまだ襲ってきます!

トリコがフォローに回ってバラバラにしますが、
その生命力の高さに驚きます。

昆虫は神経節という小型の脳が各部にあるから
バラバラになってもしばらく動き続けるのだとか。

そんな脅威の生体を備えているからこそ
この地球上で最も繁栄できたのかもしれない。

なんか地球上の生物種の半分以上は昆虫らしいね…

虫嫌いの人にとってはゾッとする事実かも…w

トリコははじめ、氷点下に適応した固有の種かと思ったが、
すぐにそうではなく誰かが持ち込んだものと察知する。

背後から恐ろしい形相をした魔物の気配を感じると・・・

ついに美食會の3人がトリコたちの前に姿を現す!

部下二人は虫2匹につかまり、
トミーロッドは背中を羽を使い空を飛んでます。

現れるやいなやトミーロッドはトリコに抱きつき、
はじめまして~と言いながら・・・・

ドスっという効果音が・・・

いきなり先制攻撃をしてきたに違いない。

とっぱじめからゲスい作戦です!

一方、リーゼントの青年は、
センチュリースープの近くまで到達したっぽいですが、
その光景に驚いています。

な、何だこりゃ~と。

ん~気になるw

グルメ77:氷点下の決戦!!

トリコの挨拶が返り討ちにあう!

ウォールペンギンの親登場!

グルメショーウィンドウ発見!

小松がセンチュリースープ確保に向かう

開戦へ!

美食會の3人が急に現れたと思ったら、
副料理長のトミーロッドがトリコに不意打ちを仕掛ける!

抱きついたと思ったら手を腹にぶっ刺してきます。

でもトリコは全身に力を入れて奴の手を封じます!
(抜けない状態になってる)

そっちから間合いに入ってきてくれたから
トリコはありがてぇと言い、
いきなり10連釘パンチで挨拶しようとします!!

が、トミーロッドの顔に当てる前に寸止め!

なんでかっていうと口の中に得体の知れない存在がいたから。

そいつはトミーロッド自身も本当に危険なやつと言ってたから、
トリコは本能的にそれを感じ取ったのでしょう。

その者はものすごい速さでトリコの手にがぶりついた!
と思ったら頭上からウォールペンギンの親が登場し、
氷山が崩れてみんな落下してしまいます!

そして偶然にもグルメショーウィンドウが目の前に現れます!

なんという偶然&なんという急展開w

ちなみにウォールペンギンは見上げるくらいの大きさで
捕獲レベルは30だからそこそこ強そう。

で、グルメショーウィンドウがあるということは
その下に目的のセンチュリースープがあるってことになるけど、
トリコは問題点があることに気づく。

一見神々しいが食材がやせ細っていて
香りが弱く、オーロラも見えないから
ダシ(スープ)はほんの少ししかない可能性がある、と。

それで小松にスープ捕獲を託します。

あやうく部下二人に襲われそうになるも
マッチと滝丸が前に立ちはだかってくれました。

とりあえず小松は大丈夫そうですが、
気になるのはトミーロッドの追跡は出すしねというセリフ。

なにやら口から豆粒より小さい虫が
プ~ンと飛んでいったがこれは・・・

トリコはここではじめてトミーロッドの名と
役職が副料理長であることを知ります。

なんでGTロボじゃないのか、
前回(リーガル島)で使い果たしたのか?
などと聞くとまた意味深なことを口にする。

GTロボ 来てるよ、と。

いまのところどこにいるのか全く不明。

で、ついに戦いが始まろうとしてます。

トミーロッドはすでにやる気満々。
背後にはトリコみたいに恐ろしい怪物(タコの化物?)が
オーラのように現れ今にも襲いかかってきそう。

今度の戦いはこれまでで一番過酷なものになるとトリコは思っていた。

スタージュンはGTロボだったし
グリンパーチはほとんど遊びみたいなものだった。

でも今度の副料理長は真剣勝負!

しかも右手は謎の攻撃を喰らって氷漬けになってるっていう。

なかなかやばい状況ですが、
トリコも鬼のオーラを出して一歩も引きません!

マッチと滝丸に二人の部下をまかせていざ勝負!

いろんな意味で続きが気になります!

グルメ78:害虫!!

小松が謎の青年に意味深な助言を受ける

ウォールペンギンが…(怒)

バリーガモンにアイスマシンガンが通用しない!?

ボギーウッズが正体を露わにする

トリコたちが現在いる場所は大陸の上層部。

グルメショーウィンドウは巨大な氷柱ですが
大陸の深いところまで続いており
センチュリースープはまだはるか下にある模様。

小松は運良くすんなりと下層エリアにいけますが、
そこにあの謎の青年が何やらしゃがんで調べていた。

そしていきなり振り向いたと思ったら
小松の方へ猛スピードで向かってくる!

小松は反射的にごめんなさいと言いかけると…
青年は小松の後ろに立って身構えていた。

すると来た道からガムラモスキートという
気味の悪い巨大な蚊が襲ってきます!

蚊といえど捕獲レベル39!

小松はさっきからぎゃああ!と寄生をあげることしかできずw

でも青年はあっさり蚊を両手で潰します。

どうやらその蚊のノッキング法は知らなかったようです。

で、彼は意味深なことを小松に告げます。

喋らないほうがいい この大陸から帰れなくなるぞ

いったいこれはどういう意味なのか、
今の時点では全く検討もつかない。

そのやり取りの中、
密かに飛んでいる小さな虫がいた。

そいつは前回トミーロッドが追跡のために
口から放った奴だと思われますが、
その虫の上には小さなGTロボの姿が!

こんなに小さいから誰も気づかないんだね…

そして個人的にかなり怒りに震える場面になってしまいます。

無事親子の再会を果たせたウォールペンギン達だったが…
トミーロッドの魔の手にかかってしまう。

口からバタフライワームというムカデみたいな虫を吐き出すと…
親のウォールペンギンの体を食い破りあっという間に
ペンギン達が絶命してしまいます・・・

子どもは寸前のところでトリコたちが食い止め助かりますが、
親はなんともいえない悲しい顔をして死んでしまいました…

トリコはなぜペンギンを殺したのか聞くと、

食うわけねえじゃんこんなゴミ
うるせーから殺しただけだよと

無表情で言い放つ。

こいつは絶対にゆるせない!

他の漫画のキャラとくらべてもトップクラスで嫌いな奴に入る。

おそらくこいつはサイコパシーに違いない。

超自己中心的なやつで目的の為なら
どんなえげつけないことも平気でするようなやつのことです。

軽度、中度、重度に分かれるが
トミーロッドは間違いなく重度だと思う!

マッチも怒りを露わにする。

反吐がでるぜ ヤクザ(オレラ)以下の害虫(クズ)だな

害虫はすぐに駆除だ

そういってアイスマシンガンをぶっ放します!!!

しかし、巨躯のバリーガモンがオイルショックなる技で
全身に油のようなものを分泌して弾丸を全て弾く!

滝丸が懐に入り込むがボギーウッズが間に入り攻撃を受ける。

すると奴の正体が明らかになる。

ボギーウッズはこれまでグルメSPの「殻」を被って変装しており、
本来の姿はするどい目つきをしてツンツン頭をした
最近の若者チックな性格の悪そうな奴だった。

次は滝丸を宿にしようと言い出しますが、
奴の能力はいまだによくわからない。

ただ強敵であることには違いない。

しかし美食會はほんと罪深い集団である。

いつも以上に手に力がこもりますね!

次回で9巻が終わるので今から10巻の展開が楽しみです!

グルメ79:「宿」!!

マッチが名刀を取り出す!

トミーロッドが無数の虫を生み出す

滝丸VSボギーウッズ!

ボギーウッズの能力が判明

栓抜きショットが命中!

ついに美食會との本格的に戦いがはじまった!

バリーガモンはなぜか銃が効かないので、
マッチは刀で対抗することにした。

その刀は竜王という名前がついており、
なかなか凄そうですがその威力は10巻でわかるかと。

今回のメインは滝丸とボギーウッズの戦い。

トリコは二人の相手はどちらも格上だろうと懸念するが、
もしかしたらトリコの相手もそうかもしれない…

トミーロッドは口から虫を吐き出しまくり、
もはや何匹いるかもわからない状態になっていた・・・

滝丸はボギーのパンチをかわすも、
奴は腕を妙な方向に転換し滝丸を捉える。

滝丸はなんとかガードするが
その奇妙な動きの正体がわからずにいた。

が、それはすぐに判明する。

良い反応だ、ますます宿にしてえ
というボギーのセリフとグルメSPの抜け殻から
滝丸は変装しているのではと思った。

そうでないと警備の厳しいグルメタウンを
闊歩することはできないから、と。

でも奴の能力は変装を遥かに超える「変身」だった。

よく観察するとグルメSPの抜け殻はまだピクピク動いていた。

それは生きてはいないが骨がないだけの状態で
脳を始め臓器が全て残っているとのこと。

仕込みをしている中でノッキングの技術をはじめ
海馬の解読なども成功していたボギーは
数十体に及ぶ手練の「宿」をコレクションしているそうです。

それもなかなかの悪趣味の領域に入ると思う…

でもただ目玉を集めるセドルよりはましか…w
一応使うためにストックしてるから。
まあもちろんキモいことには変わりないけどw

グルメSPはハズレの物件とかいって
ガスガス踏みつけだすゲスな行動をするボギーに
滝丸は止めに入るがカウンターパンチを喰らってしまう。

その拍子にターバンがはずれあることが判明する。

詳しい性質は不明だけど滝丸の左眼は呪われていて、
白目と黒目の濃度が逆転してる感じです。

でも滝丸はこの眼のおかげで存在できていて、
ある人の愛情で支えられた物件はお前には住めないと豪語します。

イレギュラーショットというボギーの連打を
まともに喰らっても立ち上がる滝丸。

並々ならぬ思いがあるのだと感じられます。

感謝という家賃はお前には払えないだろ!

そういうと滝丸はプリショットルーティーンを始める。

ボギーは大笑いしながら襲いかかります!

こういう人間には感謝とは縁遠い要素なので
高笑いするのはある意味当然といえば当然。

で、滝丸は先手必勝の想いで栓抜きショットを放つ!

見事ボギーの胴体を捉えます!!!

どうなったか気になりますが続きは10巻にて。

トリコの8巻へ      
 

 
トリコの10巻へ
前回と次回のネタバレです↑↑
 

 



無料試し読みできる電子コミックサイト

おすすめの電子コミックサイト!
自分好みの少年漫画がきっと見つかるはずです↓↓↓↓↓↓↓↓
少年漫画を読むならソク読み

【その他おすすめまんが一覧】

 

カラダ探し全話一覧へ

 

七つの大罪全話一覧へ

 

ノラガミ全話一覧へ

 

ドメスティックな彼女全話一覧へ

 

妖怪アパートの幽雅な日常全話一覧へ

 

食戟のソーマ全話一覧へ

 

僕のヒーローアカデミア全話一覧へ

 

DAYS全話一覧へ

 

弱虫ペダル全話一覧へ

 

ハイキュー!!全話一覧へ

 

HUNTER×HUNTER全話一覧へ

 

マギ全話一覧へ

 

FAIRYTAIL全話一覧へ

 

この音とまれ!全話一覧へ

 

BLEACH全話一覧へ

 

べるぜバブ全話一覧へ

 

バクマン。全話一覧へ

 

アカメが斬る!全話一覧へ

 

ナルト全話一覧へ

 

トリコ全話一覧へ

 

ここからは少女マンガの全話一覧になります↓↓

 

黎明のアルカナ全話一覧へ

 

なまいきざかり。全話一覧へ

 

オレ嫁。~オレの嫁になれよ~全話一覧へ

 

神様はじめました全話一覧へ

 

明治緋色綺譚全話一覧へ

 

明治メランコリア全話一覧へ

 

キミのとなりで青春中。全話一覧へ

 

僕の初恋をキミに捧ぐ全話一覧へ

 

溺れる吐息に甘いキス全話一覧へ

 

王子様には毒がある。全話一覧へ

 

煩悩パズル全話一覧へ

 

春待つ僕ら全話一覧へ

 

さぁ、ラブの時間です!全話一覧へ

 

ラブファントム全話一覧へ

 

近キョリ恋愛全話一覧へ

 

まじめだけど、したいんです!全話一覧へ

 

永久指名おねがいします!【特装版】全話一覧へ

 

ハニー全話一覧へ

 

ひよ恋全話一覧へ

 

シックスハーフ全話一覧へ

 

初恋ダブルエッジ全話一覧へ

 

日々蝶々全話一覧へ

 

ハチミツにはつこい全話一覧へ

 

社長とあんあん全話一覧へ

 

桃色ヘヴン!全話一覧へ

 

菜の花の彼―ナノカノカレ全話一覧へ

 

花にけだもの全話一覧へ

 

覆面系ノイズ全話一覧へ

 

暁のヨナ全話一覧へ

 

黒伯爵は星を愛でる全話一覧へ

 

嘘つきボーイフレンド全話一覧へ

 

37.5℃の涙全話一覧へ

 

ひとりじめ~調教願望~全話一覧へ

 

はじめてのケダモノ全話一覧へ

 

天に恋う全話一覧へ

 

黒崎くんの言いなりになんてならない全話一覧へ

 

女王の花全話一覧へ

 

私たちには壁がある。全話一覧へ

 

となりの怪物くん全話一覧へ

 

L・DK全話一覧へ

 

コーヒー&バニラ全話一覧へ

 

スキップ・ビート!全話一覧へ

 

高校デビュー全話一覧へ

 

ひるなかの流星全話一覧へ

 

ヒロイン失格全話一覧へ

 

こっちにおいでよ。全話一覧へ

 

狼陛下の花嫁全話一覧へ

 

銀盤騎士全話一覧へ

 

5時から9時まで全話一覧へ

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる全話一覧へ

 

ダメな私に恋してください全話一覧へ

 

君に届け全話一覧へ

 

PとJK全話一覧へ

 

ちはやふる全話一覧へ

 

大正ロマンチカ全話一覧へ

 

東京タラレバ娘全話一覧へ

 

赤髪の白雪姫全話一覧へ

 

ストロボ・エッジ全話一覧へ

 

今日、恋をはじめます全話一覧へ

 

きょうは会社休みます。全話一覧へ

 

突然ですが、明日結婚します全話一覧へ

 

逃げるは恥だが役に立つ全話一覧へ

 

オオカミ少女と黒王子全話一覧へ

 

どうせもう逃げられない全話一覧へ

 

片翼のラビリンス全話一覧へ

 

はぴまり全話一覧へ

 

アオハライド全話一覧へ

 

きょうのキラ君全話一覧へ

 

ココロボタン全話一覧へ

 

BLACK BIRD全話一覧へ

 










 - トリコ , , , , ,