少女漫画ネタバレ

人気の少女漫画やまんが全般をネタバレで紹介!漫画のネタバレならお任せ!!

少年まんがの人気漫画「トリコ」6巻を無料で試し読み!?

      2017/10/25

『トリコ』のアニメ&映画もオススメ!!
少年まんが『トリコ』あらすじ 6巻 ネタバレ
無料試し読みも紹介であらすじを全巻ネタバレ!
人気少年まんが『トリコ』の結末まで6巻をネタバレ!

トリコ6巻あらすじ

 




「トリコ」6巻あらすじとネタバレ

「トリコ」6巻あらすじ

IGOと美食會の“宝石の肉”争奪戦開始! トリコたち一行は各々宿敵GTロボと対峙! やがてマンモスの体内に潜入成功。だが“宝石の肉”目前に、またもロボ出現! 一瞬の隙にトリコとリンに命の危機が!!




「トリコ」6巻 ネタバレ

グルメ44:ココ、本気!!

テリーVSスタージュン操るGTロボ

ココVSGTロボ

ココが計算通りの場所へ移動し本気に・・・

トリコの相棒であるバトルウルフのテリーは
スタージュンが操るGTロボと戦っていたが・・・
見るからにテリーの方が劣勢だった。

血がボタボタ落ち息遣いも荒くなっていたが・・・
自信の顔が吹っ飛ぶ!?イメージが浮かんだ瞬間!

素早く後退して回避行動をとります!!!

GTロボはここで意味深なことを口走る。

古代の王者バトルウルフ

料理長の話だと今もグルメ界のどこかに
群れで生き残っていると聞くが・・・

まさかこの人間界でお目にかかるとは、と。

グルメ界とは一体何なのか・・・
人間界とはどのような区別なのだろうか・・・・

テリーは勝ち目がほぼないことを悟っていたが、
勝率が高い戦略を考えていました。

持久力やスピードではどうなのか、と。

とりあえず相手の出方を待つことにしたが、
スタージュンは攻めてこないとわかったら
時間の無駄だとそっぽをむいてしまう。

両者の利害は一致していないのだ。

その代わり、テリーの前に立ちはだかったのは
スタージュンの下僕となったオブサウルス!

場面はココと巨大GTロボの戦闘へ。

ココは相手の味を感じるセンサーを探ったあと、
攻撃を避けつつポイズンライフルを口の中に打ちます!

センサーは口の中だったので
強力なエネルギー弾に少しかすってしまい、
地面に落ちたとたん踏み潰されてしまう!

ただこれはココの計算のうち。

この場所に来たかったのです。

マンモスとの距離は十分で
ヘビークリフたちも逃げてくれたということで・・・
やっと本気でやれる・・・

もうだれも、決して僕には近づくな

ココの中にいる何かがドアップで映しだされた・・・
これは単なる闘気を擬人化したものなのか、それとも・・・

GTロボは毒潮も泳ぎ切ったと自信満々ですが、
それはココもまた同じ。

毒潮か 僕にとっては心地良い海だな
毒潮と僕の毒 どちらが有害か比べてみるといい

毒地獄(ヘルポイズン)

ここの体が真っ黒な霧が発生した!!!

毒が通用しないGTロボに果たして有効なのか!?

グルメ45:“王水”!!

強力な毒ガスを発生させたココ

大爆発!

GTロボの様子がおかしくなる

ココの見事な作戦!

毒を使い過ぎてココは倒れてしまう

そこに現れたのは・・・

巨大GTロボに踏み潰されて身動きが取れないココだったが、
ヘルポイズンという毒ガスを噴出します!

これは火山性のガスである硫化水素系の毒ガスだった。

硫化水素は原液の0.1%の濃度でも
常人なら即死するという極めて危険なもので
濃度を高めると金属すら腐食させるといいます。

しかし、GTロボは危険地帯を想定して作られた兵器なので、
皮膚や視覚の信号は遮断できたが大したダメージは与えられず。

ココはこれ以上強力な毒を作れるとしたらどうする?
とカマをかけるもGTロボはそれを読んでいた。

そして可燃性ガスということも知っていたので
爆発が狙いということも察知しますが、
あえてそれに乗ってやろうと言い出します。

そして口を開けて火花を出した瞬間・・・

とてつもない大爆発が起こります!!!

が、それでもGTロボはびくともしていません・・・

ココは毒膜を張ってなんとか耐えていましたが
もう毒のほとんどを使いきってしまい万策尽てしまう・・・

そしてGTロボはトドメのエネルギー弾を放ってしまう・・・

が、なぜか狙いを大きく外す!

さらにバランスを崩して尻もちをついてしまう!

何が何だかさっぱりわかりませんが、
実はすでに「種」を植え付けていたから驚き!

奴がバランスを崩したのは
コアアンテナにココの毒が付着していたから。

三半規管の信号を送るアンテナだったから
バランスを崩して立てなくなったんだね。

名づけて「妨害毒(ポイズンジャミング)」

ここがこれまで毒を放って攻撃したのは
コアアンテナの電磁波が活性化する場所を探るためだった。

その中で平衡感覚を伝える電磁波をみつけて、
火山性のガスをそこに集中させた、と。

ココがちょうどいい場所といっていたのは
リーガルマンモスが落下した場所。

クレーターみたいになっているので
ガスが充満するには最適な場所だったってわけです。

でもガス自体は単なる準備に過ぎなかった。

本命はふたつの毒の混合物。
実は硫化水素の他にも濃塩酸と濃硝酸も同時に作り出していた。

そのふたつの毒を爆発の熱で気化させて
GTロボの体内に送り込んだというわけです。

だからあの爆発も布石に過ぎなかった!

でもコアアンテナは金でコーティングされているため
ガスや酸の影響を受けないとGTロボはいいますが、
ふらついてるので効いてるのは確か。

ココはさらに1歩先にいた。

2つの気体は体内に入ると液体に戻り、
コアアンテナにたどり着いたときに混合された。

その比率は濃塩酸3:濃硝酸1

それによる出来る混合液とは「王水」

金すら溶かす超有害な液体だそうで・・・
悪用されたら恐ろしい代物。

ついにGTロボは全く立てなくなって勝負あり!
ですが、ココもまた限界で倒れこんでしまう・・・

見事な作戦で舌を巻くほどでしたが、
まさかここまで手こずるとは思わなかったね・・・

もし爆発を起こさずにストレートに攻撃されていたら
ココは負けていたかもしれない。

まさにギリギリの攻防でした。

で、ココの視界に最悪の敵の姿が・・・

見た途端、ゾッ!となってしまうほどの相手・・・

洞窟の砂浜で出会ったGTロボ・・・まじでどうなる!?

グルメ46:死相!!

リーガルマンモスの全体図

小松がリブロース肉を食べる!

トリコの様子がおかしいことに小松は気づく

サニーとGTロボの攻防

遡ること10分前…

リーガルマンモスのみに存在する
特別な部位の肉・ジュエルミートは
その名の通り宝石のように輝く肉です。

もちろん輝いているだけではなく、
すべての部位の肉の旨味が凝縮しているので
その旨さは想像を絶するもの!

いまトリコたちが入っているリーガルマンモスは
推定年齢400歳で体長は1500メートルになる。

胃袋だけで12個もあり、中は迷宮のようになっていて
ジュエルミートにまでたどり着くことは困難を極める。

この個体の捕獲レベルは48!
これまで出てきた猛獣の中でトップです!

小松はリーガルマンモスの肉壁を少しだけ切り出し、
携帯していた醤油バッタの醤油をつけて味わってます。

適度な霜降りに柔らかくてしっとりした食感と旨味。
部位的にはリブロースあたり。

まじで旨そう!w

新鮮だから生でも十分いけるってのもいいね!
リアルの肉は意味不明な育てられ方をしてるので
ほとんど健康的に悪い代物になってるからね・・・

そういう意味でも羨ましい一時です。

でもマンモスの体内には入りたくないなぁw

で、小松はトリコにも肉を進めますが、
めずらしく食べ物に目もくれず警戒を続けています。

デンデンヘビ(捕獲レベル4)の大群を倒したトリコでしたが、
どうも殺気立ってることに気になっていたのです。

どうやらピリピリした緊張感が漂っている模様。

強い酸の臭いがすることから
マンモスが強いストレスを受けてる証拠。

これは自分の命をむしばむウイルスのようなものが
直接体内に入ってきたかのような拒絶反応なのか・・・と
トリコは懸念していたそのとき、
いきなり轟音と共にすごい風が沸き起こります!

これはマンモスが異物を体外へ出そうとしている現象だそうで、
3人は脇道へ退避します。

このとき小松は不思議に思っていた。

いつも食べ物を持ち歩く食いしん坊のトリコが
リブロース肉に目もくれていないことを。

これは何かとてつもないことが起こる前兆に違いない。

トリコはねっとりへばり付くような独特な気配をすでに感じ取っていた。

洞窟の砂浜で出会ったあのGTロボの気配を・・・

もし遭遇したらトリコでも勝てないかもしれない・・・

その頃、口付近の胃袋ではサニーが戦っていた。

というか敵の攻撃をいなしつつ追いかけまくっていた。

どでかいエネルギー弾もフライ返しで難なく跳ね返すも
サニーが妙に汗をかいていることが気になる・・・

案の定それはまずい状況かもしれない。

GTロボはサニーほどの能力はすごいが
そんなものをずっと使えるわけがないと冷静に読み、
そのトキが来るまで逃げまわる作戦に出ていた。

たぶんサニーの体力が尽きるのを待って
その時に狙おうという魂胆だね。

汚い奴らだから平気でやりそうなことだと思う。

それより遡ること10分・・・

マンモスの外では体力を使い果たしたココの目の前に
洞窟の砂浜で出会った黒いGTロボがいた・・・

やつはココを見るも興味を示さずプイッと顔を横に振ったあと、
猛スピードでマンモスの腹から強引に入っていった・・・

リーガルマンモスもこれにはびっくりして大きく吠えます。

そしてココも・・・
誰かが殺されると強い懸念を示す・・・

いったい誰が・・・

グルメ47:髪(ヘア)バトル!!

GTロボ(セドル)の悪趣味

メガオクトパスVSサニー

触覚を解きセドルに殴られるサニー

20万本ヘアパンチ炸裂!

GTロボのコアが・・・!

セドル操るGTロボとサニーの戦いは続く。

奴はサニーの能力の凄さをわかっていたため、
いずれ使えなくなる頃を見計らっていた。

で、いきなり座り込んで背負っといた箱を開けると・・・
中には蠢く目玉がわんさか・・・

サニーはなにそれ気持ち悪!と悲鳴を上げ罵倒を繰り返すw

セドルは自分になついた猛獣の目玉を集めるのが趣味という
あまりにも狂気に満ちているやつだった。

目玉は心臓のように持ち主が死んでも動き続けるらしいが
動かなくなった目玉はすぐに捨てるという
まさに血も涙もないようなやつだね・・・

いずれオブサウルスの目玉も狙っているようだが、
もう1匹狙ってる奴が目の前に現れる。

メガオクトパス 捕獲レベル25

無数の触手、その奥に光る目が2つだけあるという
なんとも気色悪い奴が登場しました!

サニーも当然のことながらキショー!と雄叫びをあげますw

どう手懐けたのかわからないが
セドルはメガオクトパスにサニーを襲わせます。

無数の触手が一気にサニーを襲いますが
すべてフライ返しで応戦します。

手におえないのでヘアロックをかけるも
違う触手が伸びてきてキリがない・・・

ここでサニーの具体的な弱点が判明します。

サニーの髪は20万本以上あるが、
普段からそれを全て操っているわけではない。

距離と本数によって操る難度が異なるらしく、
3メートルほどの距離なら20万本で攻撃できるが、
25メートルも離れると3万本がやっと。

常に動かす触覚の数は5万本ほどで
射程距離はだいたい20メートルくらいになる。

そのくらいなら数十分維持できるので今のサニーの力では
丁度いい本数ということになるのだそうです。

その許容範囲を超えてしまう戦闘になってしまうと、
いずれ触覚が使えなくなる時間がやってくる。

簡単にいうとスタミナ切れだね。

メガオクトパスの触手を全て防いだサニーだったが、
急に触覚を引っ込めます。

サニーはもともと複雑なことを考えて戦いに勝つタイプでもなく、
最後まで諦めないという泥臭い戦い方もしない。

正々堂々と簡明な決着を求めるタイプです!

触覚を解いたことがわかった瞬間、
セドルはサニーの元へ足早に駆けつけて
殴る、蹴る、頭突きとやりたい放題!

さっさとお前の顔をぶん殴りたかったと叫びながら。

でも、奴の動きがまたすぐ止まる。

サニーがヘアロックをカケたから!

セドルはすぐにメガオクトパスに攻撃しろと命令しますが、
恐怖を感じているようで動けずにいた。

恐怖での支配は必ず失敗します。

そして現れたのは恐ろしい人型をしたサニーの髪。

セドルは抵抗しようと口を開けて
エネルギー弾を放とうとしますが、時既に遅し。

20万本ヘアパンチが炸裂!!!

1ページまるごと使ってるから迫力大!

でもGTロボはそれでも破壊することができず。
サニーもこれにはちょっとショックだった。

ただかなりのダメージを負ったのは間違いなく、
精神的にもかなり追いやったと思います。

サニーはこれからずっと俺の攻撃だ!と嘘をつき、
相手を挑発しつつひとつ忠告します。

ヘアパンチの際に核を縛り付けておいた。

数万本の触覚はお前が動くほどきつく縛る仕組み。

俺から離れないほうがいい えらいことになる

セドルはその忠告を無視して遠くへと急ぎ・・・

腹部からバチバチと火花が!

おそらくこれは勝負ありだね!

グルメ48:最悪の遭遇!!

サニーとGTロボの戦いが終わる

サニーが外へ強制的に出される

サニーがココを諭す

トリコ一行の前に現れた最悪の敵

敵がリンに・・・

サニーとGTロボの戦いは案外あっさり決着。

奴が近づいたときにヘアロックで縛って
20万本ヘアパンチを喰らわせると同時に
コアアンテナを縛り付けて・・・という感じ。

最初からそうしなかった理由は
敵の体が気色悪いからなるべく中まで触りたくなかったから。

いかにもサニーらしい理由だねw

セドル操るGTロボが倒れこみますが、
サニーもまた体を横にします。

さすがの彼も相当お疲れのご様子だったけど、
また災難に巡りあってしまう・・・

いきなり轟音と共に強い気流が起きたのです!
しかもデンデンヘビとかいろいろ混ざって!

この現象はトリコたちも遭遇したやつだね。
何か異物が入りこんだから
マンモスは吐き出そうとしたやつです。

サニーはどうすることもできず外に吐き出されますが、
キッス(ココの相棒のカラス)がナイスキャッチして事なきを得る。

・・・サニーは両手で顔を塞いでいた。

理由は殴られた顔をココに見られたくなかったからw

中でコケたんだぞ!決して敵にやられたわけじゃねえ!
とあからさまな嘘までついて。

ココはほとんどスルーして中の3人のことを思う。

死相はトリコ、リン、小松のうちの誰か。

このままの展開だとそのうちの誰かが
あの黒いGTロボにやられることになってしまうが・・・

ココはサニーに急ごうと促しますが
まだ体が思うように動かなかった。

毒を使い過ぎた代償はあまりにも大きいんだね…

思えばポイズンライフル、ポイズンソード、
ヘルポイズン(火山性ガス)、濃塩酸、濃硝酸と
いっきにドドドって感じだね・・・

逆にサニーがココを諭す展開に。

お前は昔から心配性すぎんだよ ココ

俺やお前はすでに役目を終えた

ジュエルミートゲットはトリコに託した時点で
オレラはそう考えるべきだ

むしろ助けにいくのはトリコに対する侮辱だと思わね?と。

ココは誰かが死ぬとしても?と言い返すが、

トリコが負けるってのか?

信じるんだ それが美しい
(夜空に1つの流れ星が光る)

思いは人それぞれですが
この場ではこれ以上何も言えないですね・・・

やっぱサニーもめちゃくちゃかっこいい男です!

トリコたちは肉壁が光り輝く場所まで到達していた。
パッと見ではぐにゃぐにゃした宝石みたいな感じです。

これはジュエルミートが近い証であり、
マンモスの体内が全体的にぼんやり明るいことにも関係している。

改めてとてつもない肉だね!

小松は鼻息が荒くなり待ちきれないご様子w

その様子を後ろを振り返って見たトリコは・・・・

小松のすぐ後ろにあのGTロボの姿に気づく!!!!

どけぇ小松!!!!!!

そういった途端、小松の目の前には
恐ろしい鬼の姿が見えて思わず悲鳴をあげる!!

これはトリコの渾身の威嚇だったのだが、
敵は全く動じず顔を指でポリポリとかくだけ。

トリコは5連釘パンチを繰りだそうとするも・・・
強烈なカウンターパンチを喰らって吹っ飛んでしまう!

このときのトリコの首の伸び具合がやばい・・・
もう少しで千切れそうな感じ・・・

釘パンチは敵の肩にわずかにかすった程度だったが、
大きな衝撃で体制を大きく崩すほどの威力。

でもまともに当ててたとしても奴に通じたかどうか…

リンは背負っていたライフル銃のようなもので
フレグランスバズーカを打つも・・・
あっさり躱され一瞬で間合いを詰められ・・・

奴の手がリンの腹を貫通してしまった・・・

死相は彼女から出たものなのか・・・

グルメ49:進化の前兆!!



トリコがGTロボをぶっ飛ばす!

リンの頼み

トリコの反撃が始まる!

6連炸裂!

前回…

突如現れたGTロボに倒されたトリコ。

そして腹を貫かれてしまったリン・・・

小松はただ叫ぶしかできなかった。

トリコは完全にダウンしている状態だった・・・が、
いきなりあたりが暗転した場面に移り変わる。

トリコは一糸まとわぬ姿で立ち尽くしていて、
なぜか倒れている自分が目の前にいた。

しかもその自分は恐ろしい何かに食われているという異様な光景。

その何かとはトリコの中にいる?鬼だった。

鬼はタイムリミットは5分だ

急いで何か口に入れろ できるだけうまいものを

細胞は進化するとトリコに告げる。

そういわれてまもなくトリコは目を覚ます。

あたり一面なんだか煙っていますが、
これはリンが渾身の力を振り絞って出したエンドルフィンスモーク。

一時的に痛みを和らげる効果があるそうだが、
リンは自分より先にトリコにそれを使ったのです。

これだけでもちょっとジーンとくる場面です・・・

トリコの目つきが変わる・・・・

・・・今度は泣き叫ぶ小松の目の前にGTロボが迫る。

小松の顔の目の前で奴は邪魔さえしなければ
死ぬことはなかったのに 洞窟の砂浜のようにな

と、いっていることから
もうトリコも死んだと思い込んでいるようです。

次の瞬間、奴の肩にトリコが手を乗せる!

おい 誰が死んだって?

そういうと思いっきりぶん殴ってGTロボをふっとばす!!

すかさず目の前で倒れるリンを気遣います。

リンは瀕死の重傷でしたが必死に伝えたい事がありました。

リンの右目の下には傷があるのですが、
それは自分でつけたもの。

トリコの真似をしたかったからつけたんだけど、
左右を間違えたから一本でやめといたんです。

そして最後に・・・リンはトリコにお願いをし・・・

静かにお礼をいって・・・涙が出そうです。

トリコはいつも以上に筋肉に力を込め立ち上がります。

そしてものすごい形相でGTロボを睨みつける!!!!

GTロボぉぉぉ!と叫びながら向かっていったトリコは
フォークとナイフを連発で打ち込み、
頑丈なGTロボの顔を何箇所も凹ませます!

そして今度は会心の6連釘パンチをもろに当てます!!!

ものすごい衝撃波が6回も連続してGTロボの腹部を襲います!!

これまでで最も強力な攻撃だと思います!

リンに死ぬ覚悟があることをトリコはわかっていた。

野生においてそれは常に傍らにあるもの

でもGTロボは遠隔操作しているロボットにすぎない。

それは死の覚悟がないともいえ、野生にいない。

そして、

死の恐怖を遠方の操縦者に伝えてやる

トリコはそう拳を強く握りながら奴に言い放ちます。

GTロボは立ち上がり、トリコに疑念を持つ。

オートファジーが発動しているのか、
それとも狙っていやっているのか、と。

オートファジーとは自食作用のこと。

細胞のタンパク質を分解して己のエネルギーとする機構のことで
トリコはそれにより折れた首がよくなったと考えられる。

そしてそれは細胞が進化することを意味していた!?

つまりはグルメ細胞が進化するということでしょうか・・・

単なるオートファジーなら断食をすれば誰でも起こること。
トリコの中では何が怒っているのか。注目です。

あとリンは本当に逝ってしまったのか・・・

グルメ50:タイムリミット5分!!

美食神アカシアのストーリー

一時的に復活したトリコの反撃!

力が入らないトリコ・・・

GTロボに致命的な攻撃を受けてしまう・・・

飛ばされた先には・・・

今回は冒頭からすごく意味深な話から始まります。

かつて美食神と謳われた伝説の美食家・アカシアなる人物がいて、
彼はあらゆる食べ物を食破したと言われている。

そんなアカシアが最後に目指した場所は深海。

そこもまた食材の宝庫であり、
あまりの美味しさに言葉では表現できず
全身がなんともいえない多幸感に満ち溢れたそうです。

それからアカシアの研究日々が始まる。

そしてある日、あるクラゲを食す魚が
特有の旨味成分をもっていることに気づきます。

そして個体によってはうまいものを食べれば食べるほど
細胞がより活性化していることを突き止めます。

その事実からそのクラゲをグルメクラゲと名付け、
グルメクラゲから採取した細胞をグルメ細胞と名付けた!

トリコの体にもグルメ細胞が含まれている。

が、トリコはリーガル島に入ってから戦闘続きにも関わらず
十分な食事を取れていなかった。

普段から何十万キロカロリーと消費する彼にとって
それは致命的な自体です。

それによりオートファジー(自食作用)が発動し、
自信の体を糧にすることで二度とこんな危機に陥らぬよう
細胞が進化しようとしたいのです!

奇跡の復活はグルメ細胞によるものだった!

再度トリコの攻撃が決まり、
頭突きを食らわしたあと思いっきり投げ飛ばす!

これは大いに期待できる展開、かと思いきや
敵もかなりの実力者であり博識である。

トリコのパワーを賞賛しつつも、
オートファジーの弱点もわかっていた。

それは一時的なものに過ぎないため、
その状態が長く続けば死に至ってしまう。

タイムリミットは何分だ?それまでに私を倒せるか?

その問いにトリコは口をつむんだまま。

トリコは鬼がいった言葉を思い出すが、
その刹那、間合いを詰められ体を切り刻まれ、
反撃するもミキサーパンチという
強力な技を喰らってしまい腹に大打撃を受けてしまう!

釘パンチを打とうにも力が入らず・・・

ついにGTロボのレーザー砲をもろにうけ、
胸を大きく貫かれ遠くに吹っ飛んでしまった・・・・!!

これはまじでやばすぎです・・・
常人なら即死レベルのダメージでしょう・・・

でも奇跡が起きた。

トリコがふっとばされた空間は
より一層光り輝く肉壁に囲まれており、その中心には・・・

グルメ51:覚悟!!

ジュエルミート実食!

小松がスタージュンの脅しに屈しない強い覚悟を魅せる

見事に復活を果たしたトリコ!

始めてトリコに名を明かすスタージュン

トリコは前回、スタージュン操るGTロボに
胸を貫かれ瀕死の重傷を負ってしまう。

ただ奇跡が起きようとしてました!

トリコがエネルギー砲で吹き飛ばされた先の空間、
そこは目を細めてしまうほどの眩しい場所だった。

そして芳しい香りがする方向に目をやると、
太い腱のような組織にがっちり繋がった一際輝く肉の塊があった。

それこそがトリコたちが追い求めていたジュエルミートだった!

汗も血液も枯渇したかに思えたトリコの口からは
抑えきれないほどの唾液が滝のように流れ出します。

そしてトリコはジュエルミートの前に立ち、
いただきますと合唱をするのですが、
気づいてから合唱するまでの時間はたったの2~3秒だった!

人は死ぬ間際などの緊急時には
人生の全てを走馬灯のように見えるといわれますが、
ジュエルミートの発見はトリコにとってそれと等しかった!

滴る肉汁はまるで砂金のように光輝き、
高級ブランデーが顔負けの芳醇さと
本能を撃ちぬくような濃厚で原始的な香り。

まだ食していないのにその評価っぷりです。

トリコはゆっくり手のひらで一部分を切り取り、
モシュモシュと力強く何度も噛み締めます。

あまりの旨さに自然と涙が溢れ出ます。

そして本能をむき出しにしたように
今度はジュエルミートにがぶりつきまくり、
部位ごとに違う食感と肉汁の旨味とコクなどを
存分に味わいます!ほんとうらやましい瞬間です!

肉付きにとっては腹が減ってたら本当にヨダレがでるよこれ(笑)

するとトリコの体に光沢が現れ・・・

その頃GTロボは小松の目の前に迫り、
結局オマエが一番利口だったなどと諭します。

そしてGTロボは小松の包丁に興味をいだきます。

包丁を見れば料理人の腕が大体わかるといい、
小松を一流の料理人であると認めます。

包丁をもったまま立ち上がったGTロボは
いつか美食會に役に立つ存在になることを祈るぞ、と
いかにも悪役らしいセリフを吐きます。

ついでに包丁はもらっていくといって去ろうとしますが、
小松は涙を流しつつも力強い目つきで奴の腕を掴み抵抗します。

私の邪魔をすると死ぬぞと脅されても死ぬのなんか怖くない!
ボクだって覚悟をしてここへ来たんだ!返せ!
と力強く主張します!なんかこの場面も泣けてきます…

次の瞬間!

スタージュンは血管か神経かが顔全面に浮き出た
ひとつ目での恐ろしい顔の闘気?を出し小松を脅します!

ふつうなら大声を上げて変な顔になってるところだが、
小松は表情をほとんど変えず抵抗を続けます。

スタージュンは小松の覚悟が本物かと思ったその矢先、

そう 覚悟がないのはやはりお前だけだったな GTロボ

トリコが復活して返ってきました!

小松は嬉しすぎて顔が一気にほころぶのでした。

トリコは圧覚超過を解除しろとGTロボに言い放つ。

その機能を解除すると打撃による痛みが操縦者にも伝わる。
それにより最低限の覚悟を示せるのです!

GTロボとトリコが歩み寄り目の前で二人が堂々と立ち会います!

ここでトリコが、名を始めて問い、始めて敵が名乗ります。

私の名はスタージュン、と。

そしてスタージュンはお望み通り圧覚超過を解除します。

その方がパワーアップしたトリコがどれほどのものか
正確に測れることができるから。

トリコはスタージュンがGTロボなど軽く凌駕する存在だと
わかっていたが全く物怖じする気配はない。

むしろ後悔するなよと相手を脅すほどの自負を見せます。

そして全身の筋肉に力を込め一段とドン!とムキムキ状態となり、
右腕を後ろに構え10連と・・・!?

戦いの続きは次回に続く!

今回の話は色んな意味で濃かったですね!
次回はもっと濃いような予感がします!

グルメ52:“10連”!!

ジュエルミートで復活したトリコの逆襲が始まる!

GTロボの左腕ナイフでぶった切る!

無数のフォーク攻撃

5連釘パンチがまともにヒット!

GTロボとの最後の会話

10連釘パンチが炸裂!!!

ジュエルミートを食して奇跡の復活と
細胞を進化させることに成功したトリコ!

GTロボの懐で深く腰を降ろして右腕に力を込めると…
GTロボはピンチを覚ったのかすかさずミキサーパンチを繰り出す!

その技は屈強なトリコの腹をいとも簡単にえぐるパワーがありますが
進化したトリコにはほとんど通用しなかった!

止まったところをトリコが腕を掴み、ナイフを連発!!!

ドギャオオオオ!というすごい音が鳴り響き、
小松は耳を塞がずにはいられない!

おそらくものすごい金属音がしたのでしょう。

5連続同じ箇所にナイフを当て続けると
ついにGTロボの左腕がちぎれます!!!

奴はすかさず口を開いてエネルギー砲を放とうとしますが
トリコの反応の方が一足早かった!

フォークを思いっきり噴射口にぶち込み、
後ろにのけぞったところを更に無数のフォークを喰らわす!!

GTロボは大きく後退させられますが
しぶとく足を地面につけたまま直立を維持します。

が、5連釘パンチを更に喰らいます!!!

ものすごい衝撃で背中の毛がめちゃくちゃツンツンになってます!

でも奴は本当にしぶとい。

その衝撃を両腕両足を目一杯広げて弾き返します!

もはやピーラーショットとかも打つ暇がないほど
圧倒されるGTロボ。

トリコはすでに別次元の存在になってるね!

なんとか5連釘パンチを凌いだGTロボもついに終わりの時がきた。

またまた間合いを詰めたトリコは、
冒頭と同じく腰を降ろし右腕に力を込めたポーズをとります。

GTロボ(スタージュン)はそれを見てここまでか、とぼやきます。

ジュエルミートはうまかったか?トリコ

私も食べたかったがまあいい

ジュエルミートはいずれ手に入れるとして
また会おうぞトリコ 次は生身でな

トリコはそれにああ、とだけ答え・・・

10連釘パンチを放つ!!!!!!!

その瞬間、GTロボは何重もの衝撃波で吹っ飛び、
次第に顔にも大きなヒビが入り始め・・・

それと同時にトリコは手をフォークの形にして
ギャリギャリと音を立てた後合掌し・・・

ごちそうさまでした

と言ったとほぼ同時にGTロボがバラバラに砕け散った!!!

これまでで最高の戦いを拝むことができました!

6巻はこれにて終了です。

うまそうな肉、小松や四天王のかっこいい場面など
いろいろ深い部分が見れた濃い内容だったと思います。

でもある意味一番気になるのはリンのこと。

本当に死んでしまったのか・・・

安否は7巻で明らかになるでしょう。

トリコの5巻へ      
 

 
トリコの7巻へ


無料試し読みできる電子コミックサイト

おすすめの電子コミックサイト!
自分好みの少年漫画がきっと見つかるはずです↓↓↓↓↓↓↓↓
少年漫画を読むならソク読み

【その他おすすめまんが一覧】

 

カラダ探し全話一覧へ

 

七つの大罪全話一覧へ

 

ノラガミ全話一覧へ

 

ドメスティックな彼女全話一覧へ

 

妖怪アパートの幽雅な日常全話一覧へ

 

食戟のソーマ全話一覧へ

 

僕のヒーローアカデミア全話一覧へ

 

DAYS全話一覧へ

 

弱虫ペダル全話一覧へ

 

ハイキュー!!全話一覧へ

 

HUNTER×HUNTER全話一覧へ

 

マギ全話一覧へ

 

FAIRYTAIL全話一覧へ

 

この音とまれ!全話一覧へ

 

BLEACH全話一覧へ

 

べるぜバブ全話一覧へ

 

バクマン。全話一覧へ

 

アカメが斬る!全話一覧へ

 

ナルト全話一覧へ

 

トリコ全話一覧へ

 

ここからは少女マンガの全話一覧になります↓↓

 

黎明のアルカナ全話一覧へ

 

なまいきざかり。全話一覧へ

 

オレ嫁。~オレの嫁になれよ~全話一覧へ

 

神様はじめました全話一覧へ

 

明治緋色綺譚全話一覧へ

 

明治メランコリア全話一覧へ

 

キミのとなりで青春中。全話一覧へ

 

僕の初恋をキミに捧ぐ全話一覧へ

 

溺れる吐息に甘いキス全話一覧へ

 

王子様には毒がある。全話一覧へ

 

煩悩パズル全話一覧へ

 

春待つ僕ら全話一覧へ

 

さぁ、ラブの時間です!全話一覧へ

 

ラブファントム全話一覧へ

 

近キョリ恋愛全話一覧へ

 

まじめだけど、したいんです!全話一覧へ

 

永久指名おねがいします!【特装版】全話一覧へ

 

ハニー全話一覧へ

 

ひよ恋全話一覧へ

 

シックスハーフ全話一覧へ

 

初恋ダブルエッジ全話一覧へ

 

日々蝶々全話一覧へ

 

ハチミツにはつこい全話一覧へ

 

社長とあんあん全話一覧へ

 

桃色ヘヴン!全話一覧へ

 

菜の花の彼―ナノカノカレ全話一覧へ

 

花にけだもの全話一覧へ

 

覆面系ノイズ全話一覧へ

 

暁のヨナ全話一覧へ

 

黒伯爵は星を愛でる全話一覧へ

 

嘘つきボーイフレンド全話一覧へ

 

37.5℃の涙全話一覧へ

 

ひとりじめ~調教願望~全話一覧へ

 

はじめてのケダモノ全話一覧へ

 

天に恋う全話一覧へ

 

黒崎くんの言いなりになんてならない全話一覧へ

 

女王の花全話一覧へ

 

私たちには壁がある。全話一覧へ

 

となりの怪物くん全話一覧へ

 

L・DK全話一覧へ

 

コーヒー&バニラ全話一覧へ

 

スキップ・ビート!全話一覧へ

 

高校デビュー全話一覧へ

 

ひるなかの流星全話一覧へ

 

ヒロイン失格全話一覧へ

 

こっちにおいでよ。全話一覧へ

 

狼陛下の花嫁全話一覧へ

 

銀盤騎士全話一覧へ

 

5時から9時まで全話一覧へ

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる全話一覧へ

 

ダメな私に恋してください全話一覧へ

 

君に届け全話一覧へ

 

PとJK全話一覧へ

 

ちはやふる全話一覧へ

 

大正ロマンチカ全話一覧へ

 

東京タラレバ娘全話一覧へ

 

赤髪の白雪姫全話一覧へ

 

ストロボ・エッジ全話一覧へ

 

今日、恋をはじめます全話一覧へ

 

きょうは会社休みます。全話一覧へ

 

突然ですが、明日結婚します全話一覧へ

 

逃げるは恥だが役に立つ全話一覧へ

 

オオカミ少女と黒王子全話一覧へ

 

どうせもう逃げられない全話一覧へ

 

片翼のラビリンス全話一覧へ

 

はぴまり全話一覧へ

 

アオハライド全話一覧へ

 

きょうのキラ君全話一覧へ

 

ココロボタン全話一覧へ

 

BLACK BIRD全話一覧へ

 










 - トリコ , , , , ,