少女漫画ネタバレ

人気の少女漫画やまんが全般をネタバレで紹介!漫画のネタバレならお任せ!!

少年まんがの人気漫画「トリコ」19巻を無料で試し読み!?

      2017/10/25

『トリコ』のアニメ&映画もオススメ!!
少年まんが『トリコ』あらすじ 19巻 ネタバレ
無料試し読みも紹介であらすじを全巻ネタバレ!
人気少年まんが『トリコ』の結末まで19巻をネタバレ!

トリコ19巻あらすじ

 




「トリコ」19巻あらすじとネタバレ

「トリコ」19巻あらすじ

地下料理界のボス・ライブベアラーと、食材の記憶を賭けて勝負に臨むことになったトリコ・ココ・小松! 各々の能力を発揮して挑むものの、卑劣なライブベアラーに苦戦を強いられる! 3人に勝機はあるか!?




「トリコ」19巻 ネタバレ

グルメ163:地下料理界の秘密!!

トリコたちが裏VIPエリアへ案内される

ココが以前ジダル王国に来た目的が判明

地下料理界が希少食材を牛耳れる理由

食の記憶について

全員参加のゲームが始まる!

いきなり登場したグルメカジノオーナー。

彼こそが地下料理界のボスであるライブベアラー。

トリコは第一印象で強いなと察する。

彼はもっといいものを賭けましょといって
トリコたちをある場所へ案内する。

マッチは警戒しているが、
トリコは食材より価値のあるものが何なのか
興味津々な様子ですw

ココは景品に目的の食材がないことから
先があるなら行くしか無いねと冷静にマッチを促す。

一行が案内されたのは裏VIPエリア。

VIPの中でもさらに限られた者しか
入ることができない怪しげな空間。

その基準は?とココが聞くと、
すぐにわかるわとライブベアラーは言葉を濁す。

特にトリコとココは十分満たしているというが…。

裏VIPエリアは外観が脳みそのようなフォルムの個室が
いくつもあり、中には一人がけソファーに座る客が。

その客は頭に何やら奇妙なコードで繋がれており、
こんな味があったのか!うまい!おかわりだ!
などとどう見てもイッてるようにしか見えない。

そして一行の前にふらつく老人が現れる。

彼は味を忘れてしまった、返してくれぇええ
ワシの食歴をぉおおと唸っています。

これを聞いてココは確信する。

彼らが賭けているのは過去に食べた食材の記憶。

その流れでココが以前にジダル王国へ来た目的も判明。

彼は以前美食神アカシアのフルコースドリンク、
アトムの情報を得るために訪れていた!

ライブベアラーもそれには納得。

そのクラスの食材は情報すらほとんど出まわらない。

ただグルメカジノならそのヒントが
あるかも知れないとも言う。

地下料理界があらゆる希少食材を牛耳れる理由は
客の食情報をエサに世界中から食材を集めているから。

グルメ時代において食情報は何より価値のあるもの。

この世界にはグルメID(カード)があるが、
そこから読み取ることはできない。

だがここでは脳の海馬から直接
食に関する情報を解読することができる。

もともと脳の研究はグルメIDの改ざんのために
始まったものらしい。

グルメ指名手配犯から違法食材を食べたデータを
消してほしいという依頼に応えるために…。

グルメIDの改ざんは法治国なら重罪だが、
裏社会では普通に行われていること。

記憶はすべて脳に送り込まれた信号に過ぎず、
味の情報も同じこと。

その信号をデータとして取り出し、
別の脳に読み込ませる技術があるようで、
他人の感じたうまみをすべて味わえるという。

さっきの客はまさにそれを体感していたのでしょう。

ライブベアラーの首の後ろについてる装置は
まさにそれを行うためのもの。

その方法によりいまは食べることができない
絶滅食品や過去に流行った違法食材の味がわかり、
データをもとに麻薬食材を復活させることも
できるといいます。

とことん悪いことに使ってるようで…。

ライブベアラーはそれを世間にばら撒き、
物好きな客をどんどん集めるという魂胆があった。

まさにそれを阻止するために
マッチはここにやってきたのです。

ちなみに中には病原体や毒を好んで食べる
偏食主義のデータもあるとのことだが、
過去にはグルメナイトと接触した可能性も考えられる。

そしてライブベアラーは不敵な笑みを浮かべ、
記憶を賭けて私と勝負しましょといった瞬間、
トリコたちの周りを料理人が取り囲む。

物騒な包丁をもち仮面をかぶった物々しい面々。

つまりは強制参加ってことだね。

ここでトリコはライブベアラーに問う。

景品にメテオガーリックはあるかい?と。

すると彼はこう答える。

あるわよ 味のデータが…私の記憶の中にね

トリコは会長(オヤジ)の奴めと思いながら
そういうことかと納得!

小松は記憶が消えることを恐れますが、

過去なんてどーだっていいだろ、
オレラが見てるのは未来だけだ、
いつだって常にな!!

とかっこいいことをトリコは言います!

が、ココに後は頼んだぞというオチw

ただ、ライブベアラーは
全員参加のゲームを用意する。

食の神経衰弱

名づけてグルメテイスティング!

いったいどんなルールなのか…

グルメ164:グルメテイスティング!!

グルメテイスティングのルール

マッチがイカサマ防止の提案をする

それぞれの役割分担が決まる

グルメテイスティングスタート!

ココがいきなり神技を魅せる!

ライブベアラーと食の記憶を賭けて
勝負することになったトリコ、ココ、小松、マッチ。

ゲームはグルメテイスティング!
簡単にいうと神経衰弱ですが
ふつうのそれとはもちろん違う。

ルールは以下のとおり。

カードの裏には番号が、
表には食材とポイントが記されている。

まずはカードをすべて裏返しで並べ2枚ずつめくる。

同じ食材が出たらHITとなり
実際に完食するとポイントが入る。

同じ食材が出なかったらOUTとなり出番が相手に移る。

HITしても完食できなかったら
逆にポイントが相手側に入ってしまい、
出番も相手に移る。

2回連続で完食できなかったらその時点でリタイア。

アウトが10回連続してもリタイアとなる。

ヒットして完食をすると
そのチームには次もカードをめくる権利が与えられる。

が、権利は1ターンにつき3回まで。

相手に順番が移るパターンは3つ

・単にアウトになる
・ヒットしたけど食べられない(1回め)
・3回連続ヒットで完食

これはお互いがより多くの食材を
食べる機会がくるようにするためのルールとのこと。

カードの枚数は全部で56枚。
つまり食材は28種類あることになる。

その中の4枚はジョーカーで、
それをヒットさせて完食できれば
1枚だけ自分の食材と相手の食材を交換できる。

もちろんトレードした食材も
完食しなければポイントは入らない。

最終的にポイントが高い方が勝ち。

なかなか深そうなルールなので
覚えるだけでもちょっと大変ですね…w

そしてカードにはレベルが設定されていて、
高いほどより高級で希少な食材が揃っている。

が、食べる難度が高い食材も多くなる。

レベルはベットする記憶によって変えるが、
今回は間違いなく最高レベルのV(5)だと
ライブベアラーは言う。

数千種類あるカードリストの中から
ランダムにレベルVの食材カードを
1セット(56枚)を機械から取り出すらしい。

そこでマッチがツッコミを入れる。

その機械がランダムにカードを選ぶのを
そのままオレらに信じろと?

お前に有利なカードが選び出されないという
根拠があるなら説明してみろ、と。

的確なツッコミです。

しかし、ライブベアラーは説明はできないが
料理人だけどカジノのディーラーも務めてるから
ギャンブラーとしての誇りがある、
そんなくだらないマネはしないと反論する。

イカサマで勝ったって
何の面白みもないしネと最後に笑みを浮かべる。

ココは何かを感じ取っていた。
もちろん誰もがそんな反論を鵜呑みにしないでしょう。

マッチは使うカードを自分が選び、
何セットかを取り出してシャッフルすることと、
ディーラーをさせてもらうことを提案します。

徹底したイカサマ防止策です!

そして小松はヒットした食材を調理、
トリコは食べる、ココが食材を当てるという
役割分担が決まります!

ライブベアラーはそれをすべて受け入れ、
さっそくゲームがスタートします!

会場は円形の広い空間。

その中央は少し凹んでおり、
中心に置かれた丸テーブルを囲む。

部屋の端には地下料理人たちが
物々しい包丁をもって見下ろす格好です。

でも相手はライブベアラー1人のみ。

トリコが一人でいいのか?と質問すると
むしろあなたたちは3人だけでいいの?と返す。

過去にも多くの挑戦者がいて、
人数を揃えてゲームの勝機を探ろうとしてきたらしい。

手練の料理人や大食いチャンピョンなど。

今では10人まで参加できるらしいが、
これまでの成績はライブベアラーの214勝0敗…。

すべて一人で勝ってきたという…。

その圧倒的な戦歴からも
イカサマを使ってると思わざるをえない。

ただココはいたって冷静だった。

僕らをこれまでの客と一緒にしないほうがいい
と忠告までする余裕があります!

まずはコイントスで先攻を決めることに。

投げるのはディーラー役のマッチ。

ライブベアラーは裏社会代表ということで裏にする。

ココは表、ではなくどちらでもない方に賭ける。

すると、グルメコインは表でも裏でもなく、
綺麗に側面を下にピタッと止まります!

ライブベアラーはこれを見て
たしかに他の客と違うと認める。

まずはココチームが先攻でゲームスタート!

ここまはまず八番を選択すると、
それにはチェリンゴが描かれていた。

さくらんぼの実が林檎の形をした果物で
希少な高級食材らしい。

続いてココは29番を選択。

神経衰弱はどこになんのカードがあるかを
どんどんめくって把握するのが定石だが、
ココの場合はひと味ちがう!

いきなりヒットします!

さっそくチェリンゴが運ばれてきます。

調理はいらないのでトリコはそのまま口に運ぶ。

かなりおいしそうな顔をしてますw

シンプルな食材だったのかポイントは10点と
低いように見えますが幸先は良いですね!

ライブベアラーは偶然ではなく、
ヒットするカードがわかってると踏みます。

が、奴もまた余裕な笑みを浮かべる。

久しぶりに楽しい勝負になりそうね、と思いながら。

グルメ165:VSライブベアラー!!

ココが3連続ヒット&トリコが完食!

ライブベアラーが高得点食材を3連続でヒット

さらにココも高得点食材を3連続ヒット!

トリコはすべて楽勝で完食!

ライブベアラーが小松に注目し始める

ついに始まった食の記憶を賭けたゲーム!

神経衰弱に特別なルールが加わった
グルメテイスティングというゲームです。

まずはココが先攻でカードの番号を選び、
3連続で同じ柄をヒットさせ、
トリコがすべてその食材を完食!

合計で40ポイント獲得します!

3連続ヒット&完食したことで
出番がライブベアラーに移ります。

このココの神技にマッチは内心驚いていた。

マッチが選んだ56枚のカードは
数十セットのカードをシャッフルし、
そこからランダムに取り出したもの。

さらにカード裏の番号も差し替えたから
マッチ本人もどの番号がどの食材かを
把握していない。

電磁波をとらえる程の圧倒的な視力か、
はたまた占いによる先見の明か、
マッチにははかりかねることだが、
これだけはわかった。

ギャンブルの戦いでこれ程頼りになる
男は他にいない、と。

ほんとそうですね!むしろワクワクしてきます!

ライブベアラーもココがヒットするカードが
何かをわかっていることを察する。

56枚のカードから3連続ヒットする確率は
14万8665分の1だそうなので
確かに偶然とは考えられない数字です!

わかってるのねと言われるとココは、
それは…お互い様だろう?と突っ込む。

うふ、やはり相手にとって不足はないみたい

と否定をしていないところから
やはりライブベアラーもわかってると思われる。

そして奴はそれを証明するように
32番と16番を選んで
腸づめワームをヒットさせます!

しかもそれだけで50ポイントとかなり高め。

前回、ライブベアラーはギャンブラーとしての
誇りがあるの、そんなくだらないマネはしないわと
堂々と言っていたのだが、それは真っ赤なウソ。

ココはすでに自然に息を吐くように
口から出たウソだと見抜いていた。

そして、奴は最初から勝負にこだわりなど微塵もなく
あるのは記憶を記憶を貪る寄生虫のような欲求だと
思うのであった。

腸づめワームが運ばれてきます。

名前通り腸に肉をたっぷり詰めたようなフォルムの
うねうね動く大きなワームです…。
なかなかなグロテスク食材ですw

ライブベアラーは一人だから
自分で調理もすることになる。

調理場もマッチの部下がしっかり見張っていて、
イカサマが発覚したら相応の対応をさせてもらうぜ
と警告するが奴はどうぞご自由にと余裕しゃくしゃく。

厨房の様子をモニター越しに見る小松は、
何を思ったか目を白くして釘付けになっていた。

楽に腸づめワームを完食したライブベアラーは
次もいとも簡単にヒットさせます。

今度も人面エリンギというこれまた不気味な食材だが
70ポイントと更に高得点カード!

ただ、ポイントが高いほど
調理や完食がより難しくなるといいます。

完食までの制限時間はポイント×1分。

よってこの勝負は、
かなりの長丁場になることが予想される。

ただ、カードの中にはアタリとハズレがあり、
調理や完食が容易なのに高得点な食材、
またはその逆もあるという。

ライブベアラーは次にそのアタリを引く!

メロンエッグというシンプルな食材なのに
100点というすごいカードです!

これでライブベアラーのポイントは
いきなり220ポイントとなります!

明らかに奴はイカサマをしているのだが、
ココは違った。

ココはカードから沸き立つな微量の電磁波を
独自の感覚で色や形をイメージしていたのです。

それを共感覚という、

音を聞くと色が見えるという具合に
ひとつの刺激に対して本来起こる感覚だけではなく
他の種類の感覚も引き起こされる知覚現象のこと。

ココはカードから出る電磁波をフォークや十字架、
骨、月、ダイヤなどの形をイメージし、
それぞれの色と形でカードを探していた!

ただこの方法では食材とポイントまではわからない。

が、ココはこれまでの12枚の傾向を読み取り
ポイントの高いカードのイメージを大体把握していた!

ほんとすごい男です!!

そしてライブベアラーはおそらくすべてのカードの
食材とポイントを知っていると踏んだココは
序盤からどんどん攻めていく作戦をとる。

小松とトリコになんとか完食してくれよと頼むと、
今度はプリン山(ざん)をヒットさせます!

150ポイントとかなりの高得点食材だが、
名前通りとんでもなく大きなプリンが出てきた!w

ヘタなビルより大きなプリンです!

ライブベアラーは150分以内に
完食できるかしら?とニヤつきますが、
トリコは余裕の表情を見せます。

プリンはトリコの大好物ということで
一気にものすごいペースで食べていきます!

途中、小松は血糖値が上がるのを防ぐため
ミネラルらっきょうのタレをかけてあげます。

味に飽きないように他の味も加えて。

それをじっとモニター越しに見つめるライブベアラー。

そして30分後になんと完食!

続いてココがヒットさせたのは
太陽酒(サマーウィスキー)!

これも50ポイントとなかなかの高得点!

次のカードを引くまで5分の猶予があるので
少しはトリコを休ませた方がいいんじゃないの?
とライブベアラーは言いますが、

休む?お前はトリコという男を
全くわかってないなとココは返します!

トリコはサマーウィスキーを一気に飲み干す!

それはどんな酒豪の大男でも酔いつぶれるという
とんでもない酒のようだがトリコは例外だった!

小松はさりげなくおつまみを差し出します。

続いて引いたのは弾丸ドングリ!

これも70ポイントと高いが
振動を感じると鉄のように硬い実が
弾丸と同じスピードで発射される
捕獲レベルの高い実だそうで!

そして地面につくとすぐに毒性の芽を出すので
地面に打ち込まれる前にキャッチしないといけない。

ふつうの人だとまず無理な食材だが、
トリコにとっては朝飯前だった!

片手ですべての実をキャッチし完食!

このターンで270ポイント獲得し、
合計で310ポイントになります!

ライブベアラーはこのターンで、
真に警戒すべき相手が誰なのかを把握した。

それは小松!

さりげなく絶妙な調理をしているおかげで
トリコがおいしく完食できていることに
気付いたのです。

これまでの6品でその才能を見ぬいたライブベアラーは
小松に強い関心を示すようになる。

食歴、知識、哲学、信念、目指す場所。

自分やトリコたちのはるか先の場所だと
思わせるような才能だと思ったライブベアラーは、
口からヨダレをたらし絶対に奪うと心に誓う。

残りのカードは38枚。

さあ、ここからが勝負です!

グルメ166:勝負のキモ!!

ライブベアラーのポイント稼ぎが続く

ココがグルメテイスティングの本質に気づく

ライブベアラーのイカサマ方法が判明!

すべてのカードの絵柄が判明する

カードが少なくなってきたここからが
本当の勝負となるグルメテイスティング。

ライブベアラーは2ターン目も
どんどんポイントを稼ぎにきた。

岩マジロ(70ポイント)、
サンズカワドクトカゲ(150ポイント)、
そして当たりカードのにんにくガニで
200ポイントを獲得!

このターンだけで420ポイントを獲得し
合計で640ポイントになる!

イカサマをしているのは間違いないが、
料理の腕は確かだと小松は思う。

特にサンズカワドクトカゲは毒を排除するのに
相当な技術がいるようで。

その技術は数多の料理人から
盗みとったものだったが…。

ライブベアラーは小松の脳の情報をすぐにでも
吸い尽くしたくてうずうずしてる様子。

トリコは高得点頼むぜというが、
ココは黙って思案する。

彼はこのゲームの本質に気付いていた。

一見ポイント争いに見える神経衰弱だが、
そうではなくいかにハズレカードを
避けるかにかかっている、と。

神経衰弱といいつつカードに番号が振ってあるのは
イカサマ防止の目的もあるが、
食材の位置をわざと覚えやすくするためでもある。

つまりこのゲームはヒットすることが
前提のルールだと見ぬいたココ。

次は5番のカードを選択すると、
それはエレキバナナだった!

ついに曰くつきの食材が出てきました。

ココは次に54番のカードを選択。
しかしそれはアトラスクラブでアウト!

両チームあわせて初めてアウトとなり、
出番がライブベアラーに移ります。

当然のことながらこれはわざと外したのです。

ライブベアラーもなかなかするどい奴です。

一枚目を引き間違えたのか、
単に食材とポイントを確認するためかは
計りかねていたが、

いずれにしてもヒットするカードはわかっても
詳しいカードの詳細まではわからないことを
吐露したも同然だと読み取る。

そしてそうまでして外した理由は、
ココがこのゲームのポイントに気付いたと解釈する!

グルメテイスティングは如何にして
途中リタイアしないかがキモだった!

これまで挑戦したチームの敗因はすべて、
カードを全部引き終わった後のポイント優劣ではなく
ゲーム途中にハズレカードを引いてリタイアしたもの…

人数を10人まで認めているのは
なるべくリタイアを減らすためだった。

1枚目のエレキバナナを見て完食は困難だと踏み
ワザとヒットを避けたとのだと思うのだが、
ライブベアラーは余裕しゃくしゃく。

奴のイカサマ方法がついに判明する!

グルメカジノにあるカードには
すべて特殊な加工が施されており、
それをイカサマコンタクトレンズを通して見ると
3D画像でカード内容が浮かび上がる仕組みだった!

もはやそれは究極レベルのイカサマかもしれない…。

ライブベアラーは3ターン目も高得点食材を連発!
というか選択!w

石じゃが 60ポイント!
脳うに 30ポイント!
当たりカードのしびレモン 200ポイント!

累計で930ポイントに!

次にココはダイナマイトンボ、
ロックリザードを引いてまたもアウトに。

ライブベアラーは、
4ターン目も容赦なくポイントを稼ぐ。

味アリ 40ポイント
泡美 20ポイント
アタリのゴールドシュリンプ 200ポイント!

合計で1190ポイントとなり、
両チームの差は880ポイントになってしまう!

かなりやばそうな状況だがココは冷静だった。

ライブベアラーが序盤から効率よくポイントを稼ぎ、
自分のアウトを見てさらにやみくもに
アタリをヒットさせて来ることも予想していた!

そして勝機はライブベアラーが意図的に避けている
おそらく最悪なハズレカードと、
順番であることも考えているココ。

今度はさきほど外したアトラスクラブをヒットさせ
とりあえず30ポイントを獲得。

次にいくつかあるドクロのイメージのカード。

その中のひとつを確認するため選んでみると…

なんと21番はポイズンポテトだった!

それは超特殊調理食材で、
歴史上まだ誰も解毒に成功していない超猛毒のポテト。

国宝節乃ですら解毒に成功した記録はないという…。

ポイズンポテトの毒はフグ鯨の20倍と言われ、
ココも抗体を持っていないほど!

しかもポイントはたったの10ポイントと
まさに超ハズレカード!

それを10分で調理&完食は不可能。

トリコはそれを見て何やら悩んでいる様子だが。

ライブベアラーは不敵な笑みを浮かべながら
それだけは遠慮したいわと言い出す。

続いてココは24番を選択。

するとそれも超特殊調理食材である
ニトロチェリーだった!

ジョーカーなので更にやばそうな食材です。

少しの刺激で爆発するさくらんぼで
きちんと調理を施さないと体内で爆発するという
危険極まりない果物・・・。

それも10ポイントだから
当てたらたまったものじゃない。

続いてライブベアラーは18番を選択。

今度は2つ目のジョーカーカードである
般若パンダがお目見えした!

そいつは捕獲レベル80のバケモノ!

250ポイントと高得点だが
並の美食屋では全く歯がたたないでしょう。

だがライブベアラーはめんどくさがって
わざとカードを外します。

2枚目に選択したカードはトロルチーズと
これまたやばそうな食材。

案の定それは息もできないくらい
強烈な臭いを放つチーズでとても食べられないらしい…

ジョーカーをヒットさせなかったのは
ポイントで大きくリードしているから
わざわざ当てなくてもいいと読んだココ。

続いてココはウニネズミとシザースネークを引いて
またまたアウトにしておきます。

それらはいずれも捕獲レベル50以上の
手強い猛獣だが双方とも10ポイントなので
ハズレカードの一部なのでしょう。

これで一通りカードの中身が全種類わかったが
残りは一筋縄ではいかないものばかり。

小松は調理できるか不安になってしまう…。

残るは9種類、得点差は850ポイント。

ここから奴を逆転するには…
常人では思いつかない作戦が求められるでしょう!

続いてライブベアラーはまたもわざとアウトに。

このままだと先にココチームが先に10回アウトになり
負けてしまうことになる。

いずれにせよ先にヒットさせないといけないが、
ここで勝負に出ることに!

般若パンダをヒットさせます!!

身長はトリコの倍以上、
肩に湾曲した巨大な角を生やし、
口からはトドのような長い牙が伸びる。

腹には人間の顔のような模様が出来ており、
ものすごく強そうな奴です!

ライブベアラーは相変わらずニヤけているが、
ココは小松に話がある、と真剣な表情で言います。

どんな展開になるのか楽しみです!

グルメ167:ジョーカー食材!!

トリコVS般若パンダ

相当なダメージを負ったトリコ

小松の調理で見事回復!

ちょっと意外なトレード

2つ目のジョーカー食材!

グルメカジノでは捕獲レベル60を超える猛獣は
地下深くにある特別貯蔵室にて保管・管理されている。

そこに向かって帰ってこれない客も多い恐ろしい場所。

だがココ達が逆転するにはジョーカー食材を引き当て
完食するしかない!

まずはそのジョーカー食材である般若パンダと
トリコの戦いが始まる!

久しぶりの強敵にトリコは本気を出すことに!

すべての食材に感謝を込めて…いただきます

お決まりの台詞をいって手を合わせると、
般若パンダは容赦なく巨大な手で
トリコを潰そうとしてきます。

トリコはジャンプしてそれをかわし、
次の左ストレートをフォークシールドで防ぐと、
ナイフで般若パンダの左腕に傷を負わす。

すると般若パンダは状態をひねって
右肩に生えた巨大な角を突き立ててきます。

トリコはそれを空中で器用に躱すと
レッグフォークで応戦します!

が、般若パンダはその危険性を察知して
すかさずバク転をしてそれを躱し、
前方に飛び込んでトリコに噛み付いてきます。

トリコはなんとか手足で噛まれるのを防ぐが
般若パンダはそのまま壁に激突し、
めちゃくちゃに地面をドカドカ叩き始める。

だがトリコはそのラッシュ攻撃もかわし、
18連釘パンチを放つ!

巨体が吹っ飛ぶほどのものすごい威力だったが、
それほど大きなダメージを与えられなかった。

般若パンダはその図体に似合わずかなり俊敏で、
トリコの釘パンチを食らった瞬間に後ろに跳んで
威力を流していた。

思った以上の強敵にトリコは考えるのをやめ、
直感力とツイン釘パンチを使うことにした!

ライブベアラーは両肘をテーブルにつけ、
両手に顔を乗せながらのんびりモニターを見つめる。

般若パンダと互角に渡り合う客は初めてらしいが
いつものようにニヤニヤしています。

その間、ココは小松にある作戦を伝えていた。

小松はどうやら勝つ方法を聞いたようだが、
うまく調理できるか不安がっていた。

すでに方程式は出来上がっているようだが、
なかなか困難だということが予想できます。

そしてトリコが36連ツイン釘パンチを放ち、
見事般若パンダを仕留めることに成功します!

かなりのダメージを負ってしまったが、
これもココの中では計算通りだった。

小松は厨房で般若パンダの調理を始めます。

何やら四角いセイロを何段も重ねて
蒸し料理をこしらえているようで
ライブベアラーもいいわねと褒めます。

それを完食したトリコは体力が回復し、
250ポイントを獲得!

これで590ポイントになったので
ライブベアラーとの差は600ポイントに縮まった。

そして般若パンダはジョーカー食材だったので
食材をトレードする権利が与えられた。

トレードをしてもその食材のポイントは失われず
お互いに交換した食材のポイントが
新たに入るというルールとのこと。

ココはにんにくガニをチョイスします。
それは200ポイント当たりカードです!

そして相手に差し出すカードはサマーウィスキーに。

それは50ポイントとそこそこ高いカード。

通常はそこで10ポイントなど
低いカードを差し出すのが、
ココには何か狙いがあるのでしょう。

ライブベアラーはギブアップを狙って
自分にポイントが全く入らない作戦だと予想した。

太陽酒はどんな酒豪も酔いつぶれる強力な酒なので
そう思ったのだが奴にはそれが通用しない模様。

喜んでいただくと高らかに宣言し出します。

トリコはにんにくガニを完食し、
更に200ポイントを加算します。

そしてライブベアラーはおつまみも交えて
ゆっくり飲み始める。

小松がトリコに食べさせていたおつまみは
チーズ白菜という強力なアルコール分解作用と
肝機能を高める効果がある野菜だった。

太陽酒に唯一適合する野菜ということで
ライブベアラーも小松のマネをしたのです。

これでライブベアラーのポイントは1240となり
ポイント差は450になる。

残りのカードの合計は310ポイントなので
すべてをとった上にジョーカー食材も全部
取らないといけないがそれは無理だと奴は思う。

ライブベアラーは一人で勝利の美酒として
じっくり味わって飲む・・・。

ココはとりあえずアウトを取ることで
トリコに1秒でも多く体を休めろといいます。

トリコは休憩なんかいらないというも
その通りアウトを取るココ。

ライブベアラーもアウトをわざと取るが
それもココの計画通りだった!

ここから3連続でココはヒットさせる!

まずはダイナマイトンボ、続いてトロルチーズを
なんとか調理・完食した小松とトリコ。

トロルチーズはものすごい悪臭を放つチーズなので
トリコにはかなりきつそうな食材w

でも鼻をつまみながらなんとか完食!

そしてもう一つのジョーカー食材である
ニトロチェリーをヒットさせます!

ちゃんと調理しないと体内で爆発するという
危険極まりない果物だが、
それを食べないと勝てない!

さあ、どんな展開が待ち受けるのか!

グルメ168:ココの狙い!!

ニトロチェリーを完食したトリコ!

トレードでライブベアラーを逆転!

しかし、更に逆転されてしまう…

勝利を確信したライブベアラー

だがゲームはさらに続く!

ココの狙いが判明!

ポイント差があるということで
ジョーカー食材であるニトロチェリーを
食べないといけなくなったトリコ!

それは超特殊調理食材。

安定温度である摂氏6℃の水の中で
層の境目を切り離す必要があるのだが、
僅かな衝撃も厳禁。

しかも制限時間が10分しかない。

とてもじゃないが間に合わない時間だが、
ココはそれも想定内だった!

残り時間10秒になったところで
トリコが厨房に来てニトロチェリーを口に運ぶ。

完食した瞬間は残り1秒とマジでギリギリ!

だがトリコの体内でニトロチェリーが爆発!

トリコは血を吐いて苦しみだす…

ライブベアラーは超ハズレ食材を
とくと味わうがいいわと高笑いしながら言い放つ。

が、トリコはそれに反論する。

食材にゃあアタリもハズレもねぇ…
一つ残らず自然の恵みだ…!!

オレにとっちゃあ食材は全部アタリなんだよ!!

そう言いながら立ち上がるトリコ!
とても良いことを言ってると思います!

実は小松はニトロチェリーを
おいしくなるよう調理していて、
それにより爆破によって破壊された組織(グルメ細胞)が
驚異的なスピードで再生を試みていた!

ライブベアラーはトリコの発言を心配だと
呑気にいいつつモニター越しに小松を凝視する。

トリコの記憶は期待できないからと
小松だけで十分だとよだれをダラダラ流しながら。

かなりキモい調子の乗り方になってますw

で、ココはジョーカー食材をクリアしたことで
トレードを要求します。

ココはしびレモンをもらい、
般若パンダを差し出すことに!

しびレモンはアタリ食材で200ポイントと良いのだが
般若パンダも250ポイントと高得点。

もしここで完食されたら逆転は不可能になるのだが…

ライブベアラーはめんどくさがってパスを宣言!

つまりギブアップとなり、
250ポイントがココチームに入ります。

さらにしびレモンをトリコが完食したことで
さらに200ポイント入って
合計で1290ポイントになります!

ここにきてライブベアラーを50ポイント上回った!

トリコは負傷しているから
食事をすること自体きつそうな様子だが、
更に出された料理は死んでも残さない理念で
完食していました!

これは見習うべきことですね!

トリコはそのとき食材と小松の調理について
なにか気になっている様子だが、
その真意はいまのところ不明。

3連続ヒットになったので
出番はライブベアラーに移ります。

ここで奴はエレキバナナをヒットさせる!

かなりヤバイ麻薬食材だがそれはライブベアラーが
いつも食べている大好物だった・・・

これで更に180ポイントが加算され、
合計1420ポイントとなる!

ココ達に130ポイントの差をつける!

残りのカードをすべてココ達が取ったとしても
もはや逆転は不可能な状況になってしまった…

てことでライブベアラーは勝利を確信し
でかい口をあけて舌をレロレロさせながら
小松の記憶を早くすすりたいと思うのであった…。

が、小松はまだ食材が残ってるから
最後まで食べましょうと言い出します!

さらにココが引き続きお前の番だ、
早く引いてくれとライブベアラーを促す。

ふつうに考えたらここでゲームセットなので
ライブベアラーはその指摘を意外に思う。

だが奴は余裕綽々。

お前たちはそもそもが間違ってんだよぉおお
と思いながらわざとアウトを取る。

そしてもうどの食材もいらないから
全部くれてやるわああああ

食べれたらの話だけどね

ひゃっひゃっひゃと高笑い。

ココは…その反応を見ながら笑顔になる。

よかった…お前が予定通りに動いてくれて…

これは大逆転の布石でしょうか!?

そしてラストスパートに入る!

ロックリザード、ウニネズミ、シザースネークを完食!

それぞれポイントは50、10、10と少なく、
ポイントでいうと60ポイント届かなった。

が、トリコの傷がみるみる回復していった!

残りの食材はたったの1つ。

最悪のハズレカードであるポイズンポテト。

最後はそれを引くしかないので
ライブベアラーは食べないと負けとなる。

なぜならギブアップすると2回目となるので。

だが、ライブベアラーはそれでも余裕をかます。

そもそもが間違えていた。

その意味とは…グルメカジノの食材で
ライブベアラーが食べれない食材は一つもないこと…

捕獲法や調理法もすべて頭の中に入っている、
つまりトリコたちは最初から
負け戦をしていたのだと言い放つ。

ココの冷静な判断力やトリコの食欲、
小松の類まれなる才能を認めつつ、
またまた口から大量のよだれを垂れ流す。

奴にとって最高の快楽は
人生そのものである記憶を奪うことだった…。

本当にどうしようもない奴…。

だが、そのニヤケヅラや高笑いは
ここで終止符を打たれる。

ココはライブベアラーがすべての食材を
食べられることは最初から知っていたのです!

悠然とイカサマをする奴が自分の食べられない食材を
わざわざゲームに入れることはないから。

そして核心的な指摘をする。

食べ方は記憶してるのに
自分が今日食べた食材の順番は記憶にないんだな

食べ方を知っているんだろ?
なら早く食べるがいい…最後の食材を

ただし…人生最後のな

ココはポイズンポテトとの
最悪の食べ合わせを狙っていたのです!!!

もうあっぱれすぎて頭があがらないですね!w

グルメ169:勝利の食べ合わせ!!

ココの見事過ぎる作戦に脱帽!

ライブベアラーは体に仕掛けを施す

しかしそれも食べ合わせにより無効化

負けたライブベアラーが本性を現す

トリコたちの圧勝!

ココは見事な作戦でライブベアラーを窮地に陥らせる!

ポイズンポテトとの最悪の食べ合わせを
狙っていたのだというが果たしてどんな作戦なの!?

それがこれからわかります!

現在、ライブベアラーが1420ポイント、
ココチームが1360ポイント。

残るカードはポイズンポテトのみ。

でも10ポイントしか入らない超ハズレカードな上に
出番はライブベアラーです。

一見ライブベアラーの勝ちに見えるが
ゲームはまだ続きます。

ポイズンポテトにはネオソラニンという
新種の猛毒が含まれており、
致死量は脅威の0.01mg!

単位を変えると10ナノグラム摂取しただけで死ぬ
ってことになり、ふつうのじゃがいもに含まれる毒、
ソラニンの4万倍もの毒性がある!

さらにネオソラニンはわずかな熱や刺激により
形や性質を変化させる特性があり、
ポテト全体に含まれていることから
完全な除去はいまのところ不可能だという。

唯一の調理法は毒を限りなく弱くすること。

それだと食べてもまず死ぬことはなく、
技術力はいるが習得すれば調理時間もかからない。

ただ弱めた毒でも中毒性があるから
人によっては甚大な副作用も引き起こし、
ポテトの味も限りなく劣化するから
調理法としては認められていない。

さすがはココ!

ライブベアラーも思わず、
神妙な顔で毒に詳しいのねともらす。

ココはライブベアラーが裏社会において
高価い記憶のデータを売買してることも周知。

だからポテトの毒を弱める調理法など
簡単に手に入れてることも予測していた。

ただ弱めた毒も食い合わせにより
元の強力な中毒作用が蘇るそうで…

高値で買ったデータにこの情報はなかったか?と問う。

ライブベアラーはそのことを知っていた。

甲殻類のもつ抗原と強力なアルコール、
エレキバナナに含まれる毒素は
ポイズンポテトの弱めた毒のみに反応して
アレルギー作用を引き起こすらしい。

甲殻類はゴールドシュリンプ、
強力なアルコールはサマーウィスキーを指す。

いずれもおいしそうに味わってましたね。

ゴールドシュリンプ、太陽酒、エレキバナナ。

その順序をココが思いついたのは
ゴールドシュリンプをライブベアラーが食べたあと、
ポイズンポテトを確認したあとに閃いたそうです。

奴はゴールドシュリンプを食べたあとに
太陽酒とエレキバナナを食べる保証はないでしょ?
と歯をギリギリさせながら問う。

ココはその点もしっかり計算済み。

太陽酒はトリコが一度完食していたので、
それをわざとぶつけることで
ライブベアラーのプライドを刺激していた。

中身の薄っぺらい人間ほどプライドは厚いものだ
お前は必ず飲むと思ったよ

これは色んな意味で参考になる言葉ですね!!

そのあと般若パンダをトレードする作戦に出たので
そいつと250分も戦えば
アルコールが抜けるという展開も予想できた。

だが、ライブベアラーがヒットさせた
12種の食材の中で捕獲難度が高い猛獣は
岩マジロのたった1種類だけ。

残りは調理は難しくても
捕獲自体は楽な食材ばかりだった。

強い猛獣との戦いをめんどくさがる傾向は顕著な上、
勝利の美酒に酔ってる状態では…

たとえ倒す実力はあっても
般若パンダはパスするのは自然なこと。

それでココチームが逆転したことから
ライブベアラーはエレキバナナを選ぶしかなかった。

という見事な流れになっていた!

ライブベアラーは納得がいかなった。
自分の食べ合わせよりトリコが食べた食材の
リスクが高すぎるから、と。

でもそれもすべて計算のうちだった!

ここで調理場からトリコと小松が戻る。

言ったろ?ライブベアラー
オレにはハズレの食材などひとつもないってな

まさにその通りになってるのですごい!

ニトロチェリーは賭けだったらしいが、
その前にいろいろ準備を施していた!

ニトロチェリーに挑ませる前に
般若パンダで受けたダメージを
効率よく回復させることで
グルメ細胞を活性化させていたのです。

般若パンダを蒸し焼きにしたのは
ビタミンB1などの高い栄養素を
損なわずに調理するためだった。

ビタミンB1はそのあとに食べた
にんにくガニに含まれるアリシンと一緒に摂ることで
高い疲労回復効果が望めるといいます。

もちろん美味しくなるように。

ニトロチェリー直前に食べたダイナマイトンボの肉は
他の起爆食材を中和する作用があり、

トロルチーズの強烈な臭いは
爆破による有毒な気体から鼻を麻痺させて
保護する目的があったのです。

トリコは鼻が異常に良すぎるので…。

そして肝心のニトロチェリーは爆破解除ではなく
旨味を最大に引き出す調理をしていた。

トリコの細胞がその旨味を糧に
持ち堪えてくれると信じてのこと。

それらのアドバイスはすべてココによるもの。

トリコが般若パンダと戦っていたときに
そんなことをレクチャーしていたんですね!

あと、その後のしびレモンは
強い強心作用による回復が目的。

だが、その後の猛獣3連続は
回復目的ではないようだが…

マッチもその作戦には驚かされた。

ふつうは思いついても爆発するさくらんぼなど
食べれるわけがないですからね…w

そしてココはカードを引くよう促す。

ポテトの毒を弱めようが
他の調理法をしようがお前は死ぬがな

そう脅すココにライブベアラーは…

ポイズンポテトを食べると言い出す!

奴はココが作戦を説明している間に
自身をカスタマイズしていた!

脳の細工で痛覚を遮断し、
食堂から直腸までの消化器官の内壁を
生分解性プラスチックでコーティングし
体内に毒が吸収されないようにしたのです!

ふたたび高笑いをしだすライブベアラーだったが、
ココは1つ良い忘れていたことがあった。

太陽酒(サマーウィスキー)を飲んでいるときに
一緒につまみを食べていたこと。

そのつまみとはチーズ白菜。

サマーウィスキーと唯一適合する野菜で
大量の微生物が棲みついている。

そのおかげで強力なアルコールを分解できるのだが
生分解性のポリマーやプラスチック程度なら
その微生物により簡単に分解される。

つまり、ライブベアラーのコーティングが
無効化されたことを意味する!

すでに胃のコーティングがドロドロ溶け出していた…

ココは内蔵をコーティングすることも読んでいた!

もともと食材を脳からデータで食べる偏食家ってことで
実際の味や栄養など興味がないんだろう、と。

危険食材対策に味や成分を遮断するのは想定内。

ココは小松がチーズ白菜をつまみに使うことは
知らなかったが、ライブベアラーの小松に対する
色目は露骨だったことから真似すると思ったのです。

たしかに序盤からずっと注目してたよね!
ココはそれも見逃していなかった!

ライブベアラーから笑顔は完全に消え、
冷や汗をかき息遣いも荒くなる。

パス(ギブアップ)するもココも当然パスします。

2回連続でギブアップすると負けになるルールです。

ライブベアラーはもうポイズンポテトを
食べる以外に道は残されていない。

両手をテーブルに叩きつけるライブベアラー。

自分の敗北を認められない様子だが、
食べないということは二度目のギブアップであると
ディーラーのマッチはとり、負けを宣告する!

ついにキレたライブベアラーは
ゲームなんてどうでもいいと本性を露わにし
部下たちに合図を送る!

もちろんこれもココにとっては想定内。

もう話は終わりだと言ったのはそのため。

マッチも部下たちに合図を送り雑魚達を担当する。

そしてココはトリコに告げる。

最後に食べた3連続の食材は、
最後の最後に残った食材を食べるための準備だった。

そう、ココはトリコがポイズンポテトを
食べようとしていることを見抜いていた!

そしてライブベアラーはココが相手をすることになり、
勝負は一瞬で終わった!

ココの毒にも対抗できなかったようだねw

エヘエヘヘと笑いながら
大の字でぶっ倒れるライブベアラーの顔は
いままでで一番キモいかもしれないw

ゲーム(賭け)の方がそっちは…
まだ勝機があったかもねとココ節も炸裂!

そして小松がポイズンポテトを持ってきます。

毒は除去しきれなかったが、
トリコはかまわず口に運ぶ。

するとトリコの体がツヤツヤのパンパンになる!

ポイズンポテトはトリコに適合する食材だったのです!

トリコはポイズンポテトを初めて見た時から
うーんと何やら悩んでいる様子だったが、
それはなんとなく食える気がしていたという
直感が働いていたのでしょう!

おいしく食べれたのは小松の調理のおかげなので
彼の活躍も相当すごいものだったかと!

そして倒れこむライブベアラーに向かってトリコは、

お前はオレにこう言ったな…
オレとコンビになってもいいって…

悪ィがオレにはちゃんとここに
最高の料理人がいるのさ!!

と高らかに言い放ちます!

今回の話はものすごく深い内容でおもしろかったですね!

次回はいよいよ目的のメテオガーリック登場か!?

グルメ170:メテオガーリック実食!!

ライブベアラーのコレクションルームへ

メテオガーリックの調理を開始する小松

ライブベアラーの意外な行動!

メテオガーリック実食!

みんな細胞が活性化しすぎw

見事グルメテイスティングで勝利したトリコたち!

ライブベアラーに案内されたグルメカジノの地下には
壁一面に脳みそのオブジェが飾られており、
その下には人の名前と主な食材名が記されてあった。

ここはライブベアラーの記憶のコレクションルーム。

メテオガーリックやアトムのヒントは
この場所にあるに違いない。

ライブベアラーは自分の脳にある記憶は興味ないの?
と確認してきますがトリコはキッパリ断る。

記憶を貪る趣味はねえ 飯ってのは頭じゃなく
口ん中にぶち込んで食うもんだろーが!
と笑顔で反論します。

小松は料理人だから少しだけライブベアラーの
記憶に興味があるみたいです。

それを聞いたライブベアラーは
四天王ココの毒ノッキングが効いてなかったら
私は今からでもあなたの記憶を
奪い取りたいくらいだけどと言い放つ…。

小松はゾッとするのであったw

トリコがメテオガーリックの情報を探していると、
何か気になる情報を発見したようです。

そのときマッチが話しかけてきたので
それが何なのかはいまのところ不明。

で、マッチはメテオガーリックの実物を発見していた!

液体が入った装置に大切に保管されていた
超巨大なにんにく!

余裕で人間より大きいにんにくです!

ライブベアラーの幹部どもの話だと
勝負のお守りとして珍しく実物を保管してたとのこと。

本人は素直じゃないのでそんなんじゃないわよと否定。

小松はこれからメテオガーリックの調理にうつるが、
それも特殊調理食材なので一筋縄ではいかなそうだが
小松は意欲に溢れています!

トリコとココとマッチは調理できるまで
違う場所で待つことに。

ガラスかなんかで出来た巨大なチューブの中を
球体型のエレベーターで移動するという
なんとも近未来チックな様相です。

グルメカジノの特別展望レストランということで
景色がものすごく良くて最高のディナーに
なることは間違いなさそうです!

マッチは小松が一人で大丈夫なのかと懸念するも
ココは大丈夫だと自信をもっていいます。

毒ノッキングで自由に動けないだけでなく、
占いで何かを見たようですが。

マッチはその占いを信じれない様子だった。

いったいどんな内容だったのか…
雰囲気的に悪いことではないように感じるが…。

厨房では小松がメテオガーリックの皮を剥いたことで
ライブベアラーがかなり驚いていた!

それだけでも相当難しい工程だそうだが
小松はそれをノーヒントでいとも簡単に
やってのけたのです!

やはり只者じゃないと思うライブベアラーだった。

それからいろいろ試行錯誤をして調理する小松の姿に
ライブベアラーは昔の自分と照らしあわせていた。

こんなにバカみたいに一生懸命…
調理法を模索する料理人を見るのはいつ依頼か。

そんなことを思っていると、
かかっていたノッキングが切れて
自由に動けるようになります。

ニヤッとしてスッと立ち上がり、小松の背後に迫り、
怪しげな手を延ばすライブベアラー。

小松の腕を掴んだことで小松はびっくりしますが、
ここから意外な展開へと発展していきます。

ライブベアラーは小松を襲うのではなく、
メテオガーリックの調理法を教えだしたのです!

それからすぐ展望レストランに
メテオガーリックが運ばれてきました!

テーブルに中心にホカホカした
メテオガーリックが置かれる。

メテオガーリックの食べられる部分は
中心のほんの一部分なので
周りの実は高温で弾き飛ばす必要があるらしい。

そうこうしてるうちにメテオガーリックが
鉄板の熱で上空に高々と打ち上がり、
周りの実が花火のようにはじけ飛びます!!!

夜空ではじけ飛ぶその光景は流星にも見える!

そして中心の可食部分が鉄板に落ちてきて、
みかんの実のような形で6つに分かれます!

人間よりはるかに大きかったメテオガーリックでも
食べられる部分は指先でつまむような大きさ。

ものすごい栄養の塊ですね!

トリコが口に運ぼうとすると…
わー何だこれー!という驚きの声が!

なんと小松がムキムキマッチョになっていた!w

あまりに滑稽で異様な姿に思わず笑ってしまいますw

マッチは元々いい体をしてましたが
さらに大きく筋肉が膨れ上がり
ライブベアラーもさらに大きくなった!

そしてライブベアラーは小松を見たことで
焼きが回ったみたいで、

久しぶりに料理の楽しさを思い出し
また料理人として真っ当に生きてみようかと
思うのであった!

さらにカジノの経営はマッチに譲ることにし
違法食材も好きにしていいとも言い出します!

これまでで一番意外な展開に思えます!
ココの占いはこのことだったのかもしれない!

で、メテオガーリックはココに適合する食材だったらしく
他の誰よりも体がでかくなっていた!w

顔だけ小さくて他は手もでかくなったので
小松と同じくらい滑稽で面白い姿ですw

小松はポイズンポテトと付け合せで食べたら
さらに美味しく食べられると思うのだが
まだ毒抜きはできないので
これからの課題だと言います。

すると、ライブベアラーは意味深なことを言い出す。

ポイズンポテトの完璧な毒抜きを
知っている人物を知っている、と。

その人物ならアトムの情報も知ってるはずだという。

それは現ジダル王国 国王専属料理人
ジョアと呼ばれる闇の料理人とのこと…。

新たな展開を予感させる人物です!

グルメ171:時代の覇者!!

ジダル王国の王宮にて

国王と謎の料理人の意味深すぎる会話

トリコが着いた頃には城はもぬけの空に

その後のジダル王国

グルメ界にて…

誰も成し得ていないと思われていた
ポイズンポテトの完璧な毒抜きだけでなく、

アカシアのドリンクであるアトムの情報も
知っているかもしれない人物がいる。

それはジョアという
ジダル王国の国王専属料理人。

グルメカジノから西へ600kmの位置にある
ジダル王国の王宮があった。

いかにもアラブチックな作りをしていて、
中は当然のごとく豪華絢爛。

荒れ果てたグルメカジノ周辺の町並みとは
比べ物にならないほどのギャップがある、

豪華なシャンデリアがある広々とした空間の中心には
豪華な料理が置かれたテーブルが。

美人で巨乳なメイドが生の薔薇牡蠣を
主人と思われる人物に差し出すと。

するとその髭面の人物はメイドを手で招くと
いきなり口の中の液体をメイドの顔にぶっかけた!

ローズレモンを一滴絞らぬかと指摘するのだが
とんでもなく偉そうな人物。

今度はフランスパンのようなパンを
ソースにつけてかぶりつくその人物は
ジダル王国の国王 ダーニル・カーンだった!

奴はライブベアラーがしくじったことを
すでに把握していた。

その後ろにいたのは例の闇の料理人ジョアだった!

彼はカジノで十分に食材を集めたから
よくやったと言うべきでしょうというも、
国王はだからと客に寝返るかねと懸念する。

会話の内容からこいつらがジダル王国を
裏で牛耳る者たちかと思われる。

ライブベアラーにはもともと大切な情報は教えておらず
カジノにも重要な記憶の保管はないでしょうと
ジョアはいう。

もうこの国に用はないようで、
彼らの計画なるものはもう大詰めらしい。

奴等はあの場所へ行く為には
アカシアが残した手帳が必要だという。

その在り処はすでに割れている、
我々の情報網はIGOや美食會を上回ると国王が続ける。

なにげにこれは衝撃的な発言です!

謎の計画や手帳も気になりますが、
やつらは第3の勢力といえる存在なのかもしれない。

そしてジョアは最近IGOと美食會のトップ同士が
接触したという情報があることを明かす。

国王は酒のつまみに教えてくれんかというも
トリコたちがもうすぐ来ることを察知していて
面倒だから消えると言い出す。

目的は自分であることも察知している…
いったいどんな情報網をもってるのか…

国王もロボのエンジンを切って戻ると言い出す。

おそらくその場にはいなかったのでしょう。

トリコたちが着いた頃には
城はもぬけの空になっていた。

ライブベアラーが言うには、
国王がカジノ経営のすべてを地下料理界に一任したのは
今から10数年前で、ちょうど専属料理人(ジョア)が
ついた頃と重なるらしい。

そしてその頃から国王は多額の資金集めに
精力的だったみたいだが目的は不明。

マッチの見立てではカジノはジダル王国の
収入源のひとつに過ぎず、闇家業を通じて国として
カジノの数十倍の収入があったという。

高級食材もたくさん入ってくる国の独裁者が
なんの目的で消えるのかとトリコは疑問に感じた。

いずれにしてもココが言うように
ジダル王国が宙ぶらりんになると
統治を狙って反乱が起こると予想される。

そこでライブベアラーが治安維持を担当することに。

トリコはジョアと一度
会ってみたかったと感想をもらす。

ちなみにライブベアラーも
かお(正体)を知らない謎だらけの人物らしい。

謎が謎を呼ぶ展開ですね…

ここでトリコはカジノのメモリーに
ひとつだけ気になるものがあったから
もらっていっていいか?と言い出す。

データには興味がなかったんじゃないの?
などといろいろ突っ込まれるトリコだったが
それもなんのデータだったのかわからぬまま。

その後、ジダル王国は地下料理界とグルメヤクザにより
見事に統治され犯罪が激減するだけでなく
特に身寄りのない子どもに優しい国になったという。

やっといい話題が出てきましたねw

そして、ここからがある意味メインです!

その出来事の少し前、

グルメ界のとあるアジトに一龍が乗り込んでいった!

中には美食會の手練がわんさか!

その中にはアイスヘル編でトリコと死闘を繰り広げた
トミーロッドをはじめ、料理長のクロマドや
再生屋のカイトラ、総料理長補佐のナイスニィ、
総料理長のドレスなどなど
めちゃくちゃ強そうなやつらが一龍を出迎える!

一龍は余裕の表情で
お前らのボスに話があるだけといいますが…。

ここでついに美食會ボスの顔と名前がお披露目に!

ボスの名は三虎(ミドラ)といい、
髪は地面に付きそうなくらい長髪で
すべてが蛇のようにうねっている。

両目とも上下に3本の傷跡があり、
髪とは違った色のアゴヒゲを生やしているという
ものすごい迫力を放つ人物です。

いったいどのくらい強いのか…

ここで19巻が終了!続きは20巻にて!

トリコの18巻へ      
 

 
トリコの20巻へ< 前回と次回のネタバレです↑↑    


無料試し読みできる電子コミックサイト

おすすめの電子コミックサイト!
自分好みの少年漫画がきっと見つかるはずです↓↓↓↓↓↓↓↓
少年漫画を読むならソク読み

【その他おすすめまんが一覧】

 

カラダ探し全話一覧へ

 

七つの大罪全話一覧へ

 

ノラガミ全話一覧へ

 

ドメスティックな彼女全話一覧へ

 

妖怪アパートの幽雅な日常全話一覧へ

 

食戟のソーマ全話一覧へ

 

僕のヒーローアカデミア全話一覧へ

 

DAYS全話一覧へ

 

弱虫ペダル全話一覧へ

 

ハイキュー!!全話一覧へ

 

HUNTER×HUNTER全話一覧へ

 

マギ全話一覧へ

 

FAIRYTAIL全話一覧へ

 

この音とまれ!全話一覧へ

 

BLEACH全話一覧へ

 

べるぜバブ全話一覧へ

 

バクマン。全話一覧へ

 

アカメが斬る!全話一覧へ

 

ナルト全話一覧へ

 

トリコ全話一覧へ

 

ここからは少女マンガの全話一覧になります↓↓

 

黎明のアルカナ全話一覧へ

 

なまいきざかり。全話一覧へ

 

オレ嫁。~オレの嫁になれよ~全話一覧へ

 

神様はじめました全話一覧へ

 

明治緋色綺譚全話一覧へ

 

明治メランコリア全話一覧へ

 

キミのとなりで青春中。全話一覧へ

 

僕の初恋をキミに捧ぐ全話一覧へ

 

溺れる吐息に甘いキス全話一覧へ

 

王子様には毒がある。全話一覧へ

 

煩悩パズル全話一覧へ

 

春待つ僕ら全話一覧へ

 

さぁ、ラブの時間です!全話一覧へ

 

ラブファントム全話一覧へ

 

近キョリ恋愛全話一覧へ

 

まじめだけど、したいんです!全話一覧へ

 

永久指名おねがいします!【特装版】全話一覧へ

 

ハニー全話一覧へ

 

ひよ恋全話一覧へ

 

シックスハーフ全話一覧へ

 

初恋ダブルエッジ全話一覧へ

 

日々蝶々全話一覧へ

 

ハチミツにはつこい全話一覧へ

 

社長とあんあん全話一覧へ

 

桃色ヘヴン!全話一覧へ

 

菜の花の彼―ナノカノカレ全話一覧へ

 

花にけだもの全話一覧へ

 

覆面系ノイズ全話一覧へ

 

暁のヨナ全話一覧へ

 

黒伯爵は星を愛でる全話一覧へ

 

嘘つきボーイフレンド全話一覧へ

 

37.5℃の涙全話一覧へ

 

ひとりじめ~調教願望~全話一覧へ

 

はじめてのケダモノ全話一覧へ

 

天に恋う全話一覧へ

 

黒崎くんの言いなりになんてならない全話一覧へ

 

女王の花全話一覧へ

 

私たちには壁がある。全話一覧へ

 

となりの怪物くん全話一覧へ

 

L・DK全話一覧へ

 

コーヒー&バニラ全話一覧へ

 

スキップ・ビート!全話一覧へ

 

高校デビュー全話一覧へ

 

ひるなかの流星全話一覧へ

 

ヒロイン失格全話一覧へ

 

こっちにおいでよ。全話一覧へ

 

狼陛下の花嫁全話一覧へ

 

銀盤騎士全話一覧へ

 

5時から9時まで全話一覧へ

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる全話一覧へ

 

ダメな私に恋してください全話一覧へ

 

君に届け全話一覧へ

 

PとJK全話一覧へ

 

ちはやふる全話一覧へ

 

大正ロマンチカ全話一覧へ

 

東京タラレバ娘全話一覧へ

 

赤髪の白雪姫全話一覧へ

 

ストロボ・エッジ全話一覧へ

 

今日、恋をはじめます全話一覧へ

 

きょうは会社休みます。全話一覧へ

 

突然ですが、明日結婚します全話一覧へ

 

逃げるは恥だが役に立つ全話一覧へ

 

オオカミ少女と黒王子全話一覧へ

 

どうせもう逃げられない全話一覧へ

 

片翼のラビリンス全話一覧へ

 

はぴまり全話一覧へ

 

アオハライド全話一覧へ

 

きょうのキラ君全話一覧へ

 

ココロボタン全話一覧へ

 

BLACK BIRD全話一覧へ

 










 - トリコ , , , , ,