少女漫画ネタバレ

人気の少女漫画やまんが全般をネタバレで紹介!漫画のネタバレならお任せ!!

少年まんがの人気漫画「NARUTO−ナルト−」58巻を無料で試し読み!?

      2017/10/29

『NARUTO−ナルト−』のアニメ&映画もオススメ!!
少年まんが『NARUTO−ナルト−』あらすじ 58巻 ネタバレ
無料試し読みも紹介であらすじを全巻ネタバレ!
人気少年まんが『NARUTO−ナルト−』の結末まで58巻をネタバレ!

NARUTO−ナルト−58巻あらすじ

 




「NARUTO−ナルト−」58巻あらすじとネタバレ

「NARUTO−ナルト−」58巻あらすじ

ナルトを戦場へ引きずり出すため、白ゼツの能力で戦場をかく乱させるマダラ。仲間を救うべく敵を感知できるナルトが全ての戦場を駆ける! 一方、本陣でかつての影たちを迎え撃つ我愛羅とオオノキだが…!?




「NARUTO−ナルト−」58巻 ネタバレ

ナンバー545 不死身軍団!!

鬼鮫情報で、ナルトが初代火影の妻うずまきミト
と同じく敵意を感知するまでになったと知り
白ゼツ処理のためにナルトが出てこざるを得ない
と思うマダラ。
「・・計画通りだ
今日 千手の火の意志は消える」

ナルトを行かせることになったときくシカク。
罠かもしれないけど今はナルトに任せるしか
道がない。

医療班がとらえた白いやつを調べると
初代火影の細胞を培養し植物を媒体に
造られた動くクローン植物で
ヤマト隊長も利用されているとのこと。
マダラが初代の細胞を持つのは間違いなく
は本当の意味で不死だという綱手。

そのことをシカマルがナルトとビーに
頭の中に話しかけて伝え
月の目計画の目的は尾獣、
「今回は話し合いだのとぬかすなよ、ナルト
マダラはペイン・長門とは違う」
と大事なことも言ってくれました。
長門は平和を望んでいたけど
マダラはそうじゃない。
憎しみで動くサスケとも違い
憎しみを利用する奴・。
敵はほぼ不死身軍団なので
封印以外はとめられないときき
手加減せずにすむというナルト。
ナルトの指示でビーもいっしょに
敵をけちらしながら先へ。

もうナルトにしか頼れないという展開が
今までこもっていたぶん主人公の
活躍のしどきか。
マダラと話し合いには今更ならないでしょうが
どうもまだ分はあっちにあるような気がする。

ナンバー546 新旧影対決!!

雲隠れの血継限界 磁遁使いのトロイ。
ふれたものに磁力をあたえ
攻撃をさけることができない。

ナルトとビーはさらに先へ。

我愛羅と土影は我愛羅の父たちと遭遇。
二代目土影 二代目水影 三代目雷影
四代目風影。

三代目雷影様は「里の子達は成長し
先代のワシらを超えてくれるはずだ」
と言っていて素晴らしい人だったんだろうなと
感じます。

我愛羅がまず仕掛けたのをみて
『これは守鶴・・・一尾の力・・・
すでに狸寝入りの術をやってきたか!?』
と思いつつ砂金を操り砂をとめました。

そこへ姿をみせた我愛羅をみて驚く父。

「父さま・・久しぶりです」

「我愛羅 守鶴はどこだ?」

「そいつはもういない

オレはもう・・

父さまの作った人柱力ではない」

おお~。我愛羅と父の対決。
これは楽しそう。

ナンバー547 価値あるもの!!

一度死んで、チヨばあさまと友の力で
生き返ったと父に話す我愛羅。

我愛羅に友ができたというのを驚く父は
風影になったときいてさらにびっくり。
しかも風影どころか今や忍連合軍戦闘大連隊連隊長。

未熟児として生まれながら人柱力になったあと
暴走がおきはじめるようになり
幼い我愛羅に母のことを語り精神的においつめ
暴走があるかどうかみきわめるという父。
夜叉丸から、我愛羅は母に愛されてなど
いなかったときかされた幼い我愛羅。

「この穢土転生の術・・

少しは価値のある術だったかもな・・

もう一度・・

お前の価値をオレ自身で 確かめてやる・・

・・さあオレを越えてみろ」

無たちは土影に俺をとめろといい
他のものもさっさとあの世へ戻せと
体は操られながらも気持ちは協力的。

父に攻撃をする我愛羅。
その戦いの中、砂が加瑠羅の姿になり
息子を護りました。

『・・加瑠羅 お前が・・

まだこの子の中に・・』

「成長したな・・・ 我愛羅』

「親ってのはただ・・

子供を信じてやればいい

たったそれだけ・・

そこに価値がある・・・』

砂がいつ何時でも我愛羅を守るのは守鶴の
力ではなく母の力。

生まれたときに小さい我が子に
「どんな事があっても
私が守っていくからね・・」と言っていた母。

「おまえは母に愛されていた」

お父さまー!!

我愛羅は今でも十分幸せに
立派に成長しましたが
その言葉をきいたらもっともっと
強くいられそう。
ほんと、カブトのわざはろくでもないけど。

ナンバー548 ナルトVSイタチ!!

戦いに赴くイタチと長門。
長門は死んだ後も病弱そうにみえる。

母に愛されていたときかされた我愛羅。
夜叉丸が我愛羅に、「アナタは愛されてなど
いなかった」と言ったのは、我愛羅の父に
そううそをつくように言われたから。
姉のことを思いつつも里のために忍として
動いた夜叉丸。
里のために我愛羅に過剰な負担をかけ
我愛羅の価値などないものと判断し
人柱力にして人生も母も命も奪おうと
した自分のやったことはすべて失敗だったと
いう父。
親として与えたものはたった一つ、心の傷だけ。

心の傷を癒すものは他人からもらう愛情だと
幼いころに夜叉丸からきいていた我愛羅。

「・・我愛羅様は もうすでに

もらっていますよ」

我愛羅を守ろうとする砂の中には
母の愛情が込められているという夜叉丸。

「姉さん・・死んでもなお・・

我愛羅様を

守りたかったんだろうなぁ・・。」

涙・・・。我愛羅も涙。

母 加瑠羅は、我愛羅を守りぬき
父親の自分が奪ったものを与えた、
と後悔しかない父は

「確かに母様はすごいな・・

初めて父様からの薬を

渡してくれた」

という我愛羅の言葉に
自分をこえた息子の成長を感じとり
里を託していきました。

どこの家族も生前、もっとちゃんと
気持ちを伝えあっておかなきゃ
死んでからまた会えるなんて
こんなカブトの反則技でもなきゃ
一生誤解されたままだよ・・。

土影様も戦いを続け
イタチと長門の前には
ナルトとキラービーが。

戦う意思がなくてもからだが
勝手に動くとかもう。

ここにサスケでもつれてこれば
兄を侮辱するこのやり方に怒って
カブトをぶっとばしてくれないでしょうか。

それにしても我愛羅の話は
どれもよすぎます。

ナンバー549 イタチの問い!!

長門とイタチとあったナルトとビー。
心は操られていないので普通に会話ができる。

九尾の力をコントロールしたチャクラモードの
ナルトに気づくふたり。
「オレの弟弟子だからな・・」とまで
言ってもらってます。
「・・なら 憎しみを克服できたって事だな」
という長門に、兄弟子の長門、さらにビーとの
修行や父母、みんなのおかげでここへこれた
とこたえるナルト。

イタチとも話をしようとしているのに
カブトが体を勝手に動かす!
カブトはやっぱりマダラを出し抜く気らしいですが
そんな簡単にいくか。

しかたないので操られて戦いながらイタチと話す
ナルト。
サスケが木の葉に復讐するつもりで暁に入ったと
きき、イタチはショックを受けた顔。
マダラから真実をきいたというナルト。
サスケはイタチの覚悟も理解しながら
意志を受け継ぐどころか弔い合戦のつもりで
いるというその間も長門の攻撃をうけ
それをかわします。
そしてイタチは「サスケはおまえにまかせる」といい
「ハナからそのつもりだ!」というナルトに

「・・やはり お前に託して

正解だった・・」 というイタチ。

戦う意思がないのに次々と強力な
技をだす長門とイタチに
ビーとナルトは応戦。

その倒し方もおしえてはくれますが
イタチは万華鏡写輪眼をだすと
ナルトの口にはイタチのカラスが・・。

サスケを兄とあわせてみたいものだと
思いましたが、サスケにはやはりナルトなのか。
長門との話はついこの間だったみたいな
印象があるので本当にあっというまの再会。
自分が死んだ後のナルトの成長をみて
一安心したんじゃないかと。

ナンバー550 “別天神(ことあまつかみ)”

ナルトの口からでてきたカラスは
イタチが仕込んでいたもの。

穢土転生の術の上に新たな術

「木の葉の里を守れ」

という幻術をかけたそうで
カブトの縛りから自由になったイタチ。

イタチの万華鏡写輪眼に呼応して
でてくるように仕込んでおいた鴉。
うちは最強の幻術つかい
うちはシスイの万華鏡写輪眼

最強幻術“別天神”ことあまつかみ

木の葉を守れという幻術をシスイの眼に仕込み
その眼をカラスの左目に埋め込んでナルトに
渡しておいたのだそう。

自己犠牲、影から平和を支える名もなき忍
それが本当の忍だとおしえてくれたシスイは
里を守るために使えと片眼をわたし
争いが起きぬよう眼をつぶしたようにみせかけ
存在を消したそうで、イタチが最後に
あったときはダンゾウに片眼を奪われていたけど
もう片方をシスイと同じ気持ちを持っていた
ナルトに渡したというイタチ。

サスケが里の脅威になったのなら
それはシスイの気持ちに反することで
それを正すことのできるのはナルトだけ。

「おまえはサスケを兄弟だと言った

だからこそ サスケをとめられるのは

ナルト お前だけだと思った」

サスケがイタチの眼を移植したときに
その眼に呼応してサスケに別天神をかける
手筈だったらしい。

イタチの言葉をきいて

「信頼してくれてありがとう

もう心配ばかりしなくていい・・」

あとはオレにまかせてくれというナルト。
ナルトも成長したとみていいか。
イタチは託す相手を間違えてなかった。
ただ、サスケは黙って素直に
説得されるようなやつではないけど。

その間に長門のほうも変化あり。
神羅天征天照の炎をふりはらい
餓鬼道でビーからチャクラを吸収し
さらに人間道でナルトからも。

イタチは死んでからも
なおかっこいいまま・・。

ナンバー551 長門を止めろ!!

長門は完全に操られている状態で
ナルトにむかってきて
カブトの思惑では、人間道で魂を引き抜き
一旦殺して地獄道で魂と肉体を隠し持ち帰って
自分のもとで生き返らせれば、マダラに見つからずに
人柱力を自分のものに・・ということらしい。

魂が抜けそうになってるナルトを
助けようとするビーは邪魔をされ
九尾との綱引きを思い出せというビー。

イタチの須佐能乎で救われたものの
次は地爆天星。

あの黒い玉はやばいというナルトですが
冷静に分析するイタチ。
三人の最強遠距離忍術で一斉に中央を攻撃する
ことになりイタチは八坂ノ勾玉
ナルトは風遁・螺旋手裏剣、
ビーは尾獣玉。

そして元にもどった長門。
顔もひびわれはじめ封印までの
わずかな時、何か言い残すことはといわれ
師匠の所へ戻ってお前の物語を見ておく
という長門。

「オレから言わせりゃ
・・お前は三部作目の完結編だ
・・一部が自来也・・・
完ペキだった・・。

だが・・二部作目ってのは
たいがい駄作になる
オレのようにな・・
師にも認めてもらってない。

シリーズの出来ってのは三作目・・
完結編で決まる!」

「駄作を帳消しにするぐらいの

最高傑作になってくれよ

・・ナルト!」

その言葉に親指をグッとたててこたえるナルト。

本当にあの世からみててくれたらいいのに
自来也も。

カブトの計画、やはりそう簡単には
うまくいきません。
イタチが味方ってすごく心強い。
けどイタチもそのうち戻らなきゃだし。

ナンバー552 火影の条件・・!!

長門は封印され、カブトは
そろそろとっておきを出すつもり。まだ?!

穢土転生は自分が止めるから
マダラはナルトたちにまかせるという
イタチ。

なのに全部自分が止める、
この戦争は全部オレ一人でやる
それがオレの役目だというナルト。

だけどそんなナルトにイタチは厳しい目。

里のみんながナルトを仲間だと思ってくれる
ようになったのは、ナルトが他人の存在を意識し
認められたいと願い一途に頑張ったから。
みんなのおかげでここまでこれた、と
思っているのに今、他人の存在を忘れ
“個”に執着すればいずれマダラのように
なっていくと忠告。

「どんなに強くなろうとも
全てを一人で背負おうとするな・・
そうすれば必ず失敗する」

ミナトが火影としてあったのは
クシナや仲間がいたから。
そしてナルトの夢も火影になることなら

「“火影になった者”が皆から

認められるんじゃない

“皆から認められた者”が

火影になるんだ

・・仲間を忘れるな」

と大事なアドバイスをくれました。
イタチかっこよすぎる。

シスイの眼ももう十数年はつかえないけど
シスイの眼以上のもの、シスイの心を
ナルトは持っている、というイタチ。
今のナルトなら眼をつかわなくても
サスケを止められる。
今ならイタチもサスケに会えるとナルトが
行っても、なんでも一人でやろうとして
失敗したから今度は仲間にまかせる
といい、あくまでナルトに託すつもりで
ビーにナルトをたのむと言い、
先へいきました。

戦いはまだ続き、土影様の腰がヤバそう。
そこにようやくナルトたちもやってきたか。

ナンバー553 主戦場到着!!

我愛羅たちのところへ到着したナルトの
放つ惑星螺旋丸。
でも感知タイプの無にかわされました。

我愛羅に砂をおくってもらいそれを土台にして
反撃しそれでも無が早いと思われたけど
乱回転の螺旋丸が直撃。
さらに土影様の土遁・加重岩の術でしとめました。
他里嫌いの土影にいいコンビネーションだと
ほめると「長生きをしてみるもんですねェ・・
変化を楽しめる」と答える土影様。

土影を「小せぇジイちゃん」よばわりのナルトに
なんで出てきたと怒る我愛羅ですが
我愛羅に説明するのはナルトには無理だと
(だろうなあ。)
シカクがかわりに説明してくれることに。

二代目水影様は、勝つ気がまったくないのに
まわりに倒れているもの多数で
強すぎ状態。
同じく雷影様も強い。
三代目雷影様の亡くなったときの
エピソードもすごいです。
いい人だなあ・・。

その雷影様の強さに対抗できる風遁つかいは
もういないといったところに
ナルトが登場。

カブトはとっておきを口寄せ中?

一方、久々にサスケもでてきました。
包帯をはずしたその眼は
永遠の万華鏡写輪眼。

「この眼は 闇が・・よく見える・・」

光と闇対決かあ。

ナンバー554 螺旋手裏剣の限界・・!!

雷影にむかうナルト。
雷影が攻撃をかわすのもわかった上で
至近距離から螺旋手裏剣をたたきこんだものの
爆発がおきてもものともせず。
雷影のめつきがかわっていて
すでに完全に操られている状態。
雷影の攻撃をふせぐため土遁・万里土流壁に
護謨壁(ゴムヘキ)をだすものの
それを貫く三代目最強忍術 地獄突き四本貫手。

生身で尾獣とやりあうことができたたた一人の
忍と言われるくらいの強さに感心しつつも
ナルトが雷影の胸の傷跡に気づきます。
八尾の暴走をとめたときについた傷のようで
それなら尾獣玉だ、と技を出そうとするナルト。

雷影様、今の人もすごいけど三代目も
桁違いの強さ。
ビーは今どこだっけ。

ナンバー555 矛盾

ナルト、尾獣玉を出そうとしたけど
やはり無理。
今すぐビーと八尾に話がしたいと頼んで
雲隠れのドダイに頼んで連絡班経由で
会話させてもらいました。

三代目を偽のゴムボールで引きつけて
おいてくれているうちに急いで話。
ビーは立ちションしてました・・。
雷影と戦ったときにどうやって
三代目の胸に傷をつけたのか八尾に
尋ねると記憶はあいまいで
技を構えたまま前のめりに倒れたとのこと。
だけどナルトはそれで思い当ったようです。

螺旋丸を出してつっこんでいき
突きをぎりぎりでかわして腕をねらうと
雷影は自分の技が自分に当たって崩れました。

最強の盾と最強の矛を持つ忍。

ほこたてか!!

三代目は矛のほうが強かったらしく
忍最強の盾を持ってるのは我愛羅だと
ナルトが言い
その我愛羅は先代水影と戦闘中。

しかし自分の攻撃でしか傷つかないなんて
ほんと三代目雷影様、強かったのね・・。

NARUTO−ナルト−の57巻へ      
 

 
NARUTO−ナルト−の59巻へ
前回と次回のネタバレです↑↑
 

 



無料試し読みできる電子コミックサイト

おすすめの電子コミックサイト!
自分好みの少女漫画がきっと見つかるはずです↓↓↓↓↓↓↓↓
少女漫画を読むならソク読み

【その他おすすめまんが一覧】

 

カラダ探し全話一覧へ

 

七つの大罪全話一覧へ

 

ノラガミ全話一覧へ

 

ドメスティックな彼女全話一覧へ

 

妖怪アパートの幽雅な日常全話一覧へ

 

食戟のソーマ全話一覧へ

 

僕のヒーローアカデミア全話一覧へ

 

DAYS全話一覧へ

 

弱虫ペダル全話一覧へ

 

ハイキュー!!全話一覧へ

 

HUNTER×HUNTER全話一覧へ

 

マギ全話一覧へ

 

FAIRYTAIL全話一覧へ

 

この音とまれ!全話一覧へ

 

BLEACH全話一覧へ

 

べるぜバブ全話一覧へ

 

バクマン。全話一覧へ

 

アカメが斬る!全話一覧へ

 

ナルト全話一覧へ

 

トリコ全話一覧へ

 

ここからは少女マンガの全話一覧になります↓↓

 

黎明のアルカナ全話一覧へ

 

なまいきざかり。全話一覧へ

 

オレ嫁。~オレの嫁になれよ~全話一覧へ

 

神様はじめました全話一覧へ

 

明治緋色綺譚全話一覧へ

 

明治メランコリア全話一覧へ

 

キミのとなりで青春中。全話一覧へ

 

僕の初恋をキミに捧ぐ全話一覧へ

 

溺れる吐息に甘いキス全話一覧へ

 

王子様には毒がある。全話一覧へ

 

煩悩パズル全話一覧へ

 

春待つ僕ら全話一覧へ

 

さぁ、ラブの時間です!全話一覧へ

 

ラブファントム全話一覧へ

 

近キョリ恋愛全話一覧へ

 

まじめだけど、したいんです!全話一覧へ

 

永久指名おねがいします!【特装版】全話一覧へ

 

ハニー全話一覧へ

 

ひよ恋全話一覧へ

 

シックスハーフ全話一覧へ

 

初恋ダブルエッジ全話一覧へ

 

日々蝶々全話一覧へ

 

ハチミツにはつこい全話一覧へ

 

社長とあんあん全話一覧へ

 

桃色ヘヴン!全話一覧へ

 

菜の花の彼―ナノカノカレ全話一覧へ

 

花にけだもの全話一覧へ

 

覆面系ノイズ全話一覧へ

 

暁のヨナ全話一覧へ

 

黒伯爵は星を愛でる全話一覧へ

 

嘘つきボーイフレンド全話一覧へ

 

37.5℃の涙全話一覧へ

 

ひとりじめ~調教願望~全話一覧へ

 

はじめてのケダモノ全話一覧へ

 

天に恋う全話一覧へ

 

黒崎くんの言いなりになんてならない全話一覧へ

 

女王の花全話一覧へ

 

私たちには壁がある。全話一覧へ

 

となりの怪物くん全話一覧へ

 

L・DK全話一覧へ

 

コーヒー&バニラ全話一覧へ

 

スキップ・ビート!全話一覧へ

 

高校デビュー全話一覧へ

 

ひるなかの流星全話一覧へ

 

ヒロイン失格全話一覧へ

 

こっちにおいでよ。全話一覧へ

 

狼陛下の花嫁全話一覧へ

 

銀盤騎士全話一覧へ

 

5時から9時まで全話一覧へ

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる全話一覧へ

 

ダメな私に恋してください全話一覧へ

 

君に届け全話一覧へ

 

PとJK全話一覧へ

 

ちはやふる全話一覧へ

 

大正ロマンチカ全話一覧へ

 

東京タラレバ娘全話一覧へ

 

赤髪の白雪姫全話一覧へ

 

ストロボ・エッジ全話一覧へ

 

今日、恋をはじめます全話一覧へ

 

きょうは会社休みます。全話一覧へ

 

突然ですが、明日結婚します全話一覧へ

 

逃げるは恥だが役に立つ全話一覧へ

 

オオカミ少女と黒王子全話一覧へ

 

どうせもう逃げられない全話一覧へ

 

片翼のラビリンス全話一覧へ

 

はぴまり全話一覧へ

 

アオハライド全話一覧へ

 

きょうのキラ君全話一覧へ

 

ココロボタン全話一覧へ

 

BLACK BIRD全話一覧へ

 










 - NARUTO−ナルト− , , , , ,