少女漫画ネタバレ

人気の少女漫画やまんが全般をネタバレで紹介!漫画のネタバレならお任せ!!

少女まんがの恋愛漫画「L・DK」23巻を無料で試し読み!?

      2017/11/06

『L・DK』の実写映画もオススメ!!
少女まんが『L・DK』あらすじ 23巻 ネタバレ
無料試し読みも紹介であらすじを全巻ネタバレ!
人気少女まんが『L・DK』の結末まで23巻をネタバレ!

L・DK23巻ネタバレ
 




「L・DK」23巻あらすじとネタバレ

「L・DK」23巻あらすじ

ついに始まった最終章♪葵と柊聖はまさかの別居生活スタート!? 幸せいっぱいなウェディング姿を撮ったり、同じベッドでお泊まりしたり、ますますラブ全開な2人にドキドキが止まらない☆でも、玲苑の父や柊聖の兄・草樹はそんな2人に思うところが…?? 大人気、ひとつ屋根の下青春ラブストーリー!!




「L・DK」23巻 ネタバレ

もうすぐクリスマス。葵は、柊聖とクリスマスの予定について楽しく話しながら帰っていきます。しかし、すぐに葵のアパートに着いてしまいます。
(・・・もう着いちゃった・・・)
柊聖は葵の頭をポンポンしながら、草樹の家へ帰っていきます。しかし、柊聖はどこか浮かない表情。
柊聖が草樹の家か帰ると、草樹がこの前 葵に聞いた柊聖の好物のポテトサラダを作っています。しかし、失敗したらしく台所は大惨事に。。。
見かねた柊聖が、鍋にカレー粉をぶち込み、さっとカレーに仕立て上げます。
柊聖の意外な料理の腕に驚く草樹。

「葵ちゃん仕込み?」
「・・・葵はもっとうまく作るよ」
「ヒューーー!!」
「なあなあ」
「葵ちゃんのいいとこ もっと聞かせろよ」
「柊聖の口から聞きたいんだよ」

カレーを食べながら、草樹はワクワクした表情で、もっと柊聖から葵の話を聞き出そうとしますが・・・
「つーか」
「おまえって」
「そんなにオレのこと好きだったっけ」
草樹とは対照的に、柊聖は覚めた様子。そんな柊聖の態度に、ショックを受ける草樹。
「・・・あたりまえだろ」
草樹が悲しげな表情で つぶやきます。

柊聖と草樹
草樹の寂しそうな瞳を見て、柊聖はしばらく何かを考えみます。
「・・・顔が好き」
「・・・サラサラの髪と」
「小さい手と」
「あと身体つき・・・」
「・・・性格だと・・・」
次々と、葵の好きなところをあげていく柊聖。すると、草樹はランランと瞳を輝かせ始めます。

「・・・葵ちゃんのことほんと好きなんだな」
「・・・だから」
「わからなくなる」
「・・・草樹はさ」
「アメリカからひとりで日本に戻るとき」
「なに考えてた?」

柊聖から逆に訊き返され、少し戸惑う草樹。
とても怖かったこと。それでも、どうしてもカメラで稼げるようになりたかったこと。真剣な表情で、草樹は正直にその時の心境を打ち明けます。

「おまえを置いて日本に戻ったこと」
「うらんでるか?」
ガタッと立ち上がり、棚の方へ歩いていく柊聖。そこには、この前 草樹が撮った柊聖とウェディングドレス姿の葵の写真が飾られています。
「・・・そーいうのはわかんねー」
「・・・けど」
「・・・ずっと守りたいって思ったら」
「そばにいるだけじゃ足りない気がする」

葵と萌
翌日、萌と一緒にクリスマスプレゼントを買いに来た葵。萌の予定を訊ねると、なんと彼氏とホテルで過ごすそうです!
「ホテル!?」
「外泊っすか!!」
「そっか着々と萌は大人の階段を・・・」

葵が赤面しオロオロしていると・・・
「葵もやっちゃえば?」
萌の言葉に、ブーーーっと鼻血が吹き出てきます。
「あんたたちってマジメだもんね・・・」
「でもさあ」
「心だけじゃ足りなくない?」

ショッピングを終え、帰っていく葵。歩いていると、先程の萌の言葉が、頭に浮かびます。
(足りない)
(あたしも)
(柊聖と触れ合いたい)

帰り道
葵がアパートへ戻ると、なぜかアパートの前で草樹が待っています。柊聖のことで何か心配事があるようです。
「柊聖なにかあったんですか?」
「いや」
「なにがってわけじゃないんだけど」
「あいつ1人でふさぎこむとこあるから心配なんだよ」
顔を曇らせながら、そう答える草樹。

「・・・ほんとに心配してるんですか?」
「・・・あたし」
「正直まだお兄さんのことよくわからないです」
「まえに言ってたじゃないですか」
「・・・柊聖の怒ったカオみるの大好きだって」
葵から逆に訊き返され、草樹は虚ろな瞳に。
「・・・ああ」
「柊聖がオレに見せる人間らしい顔って」
「それくらいしかないからさ」

桜月とのことがあってから、もう柊聖が自分に明るい笑顔は見せないという草樹。草樹は当時のことを打ち明けます。
あのころ、柊聖は桜月をないがしろにし、いつも桜月は泣いています。そんな桜月の相談に乗っているうちに、草樹は気づいたら惚れてしまっています。
しかし、草樹と居ても桜月は柊聖のことばかり。草樹は桜月を諦め、柊聖にやり直すよう伝えにいこうとしますが、その時にはすでに葵と同居中。

「正直ムカついたよ」
「またハンパなつきあい方してるんじゃないかって」
葵にキスして、柊聖がどんな顔をするか見たかったという草樹。草樹は、その時のことを、心から葵に謝ります。

「でもオレは」
「柊聖に葵ちゃんっていう絆ができてうれしんだよ」
「だからなにがあっても」
「柊聖の手を離さないでほしい」
真剣な表情で訴えかける草樹。
その頃、柊聖は草樹の家で誰かに電話をかけています。
「・・・もしもし伯父さん?」

夜、真剣な表情で玲苑のお父さんへ電話をかける柊聖。
「・・・伯父さん」
「おまえに言ってた話ってまだ有効?」
電話先でガタガターンという激しい音が。
「Why not!!?」
「当然じゃないか」
「やっと戻る気になったのか!!」
伯父さんが興奮した様子で叫びます。

「アメリカはいいぞー柊聖」
「こっちはトップレベルの人材が集まる」
「女に溺れて腰抜けになったぶん」
「取り返さないといけないぞ」

とても嬉しそうにドンドン話を進めていく伯父さん。しかし、当の柊聖は切なそうな表情。
「・・・ちがうよ伯父さん」
「葵をちゃんと守れるやつになりたいからだよ」
「そのためにどうしたらいいか考えてる」
伯父さんは少し微妙な顔をしますが、柊聖が戻ってくるならいつでも歓迎することを伝えます。

クリスマス
クリスマス当日。アメリカのことと葵のことをボーっと考えながら佇む柊聖。
「ねえねえお兄さん」
「このあと予定あるんですかー?」
「彼女と待ち合わせなんで」
女性に声をかけられますが、柊聖は顔も見ずに断ってしまいます。

断られてもその場に立ち尽くす女性の方をフト見ると、そこには葵がポッとして震えています。
「葵か」
「ごめん気づかなくて」
「つーかフツーに声かけろよ」
「『彼女』・・・」
「『待ち合わせ』・・・」
「なんかこーゆーのって新鮮だね」
葵はとても嬉しそうに笑います。

一旦カフェに入り、とても嬉しそうに今日の予定について話し続ける葵。すると葵の頭に、柊聖がイヤーウォーマーをつけます。
「メリクリ」
「さむそーだからちょーどよかった」
「つーかかわいいな」
柊聖の優しい笑顔を見て、葵は真っ赤に。そして、あわてて自分もプレゼントを渡します。

「にあう!!」
「よかった」
「柊聖の手いつも寒そうだったから」
葵のプレゼントは手袋。柊聖もとても喜びますが・・・
「しまった!!」
葵は手袋をしたら直接手をつなげないことに気づきます。
寂しそうに自分の手を見つめる葵を見て、葵の心情を察する柊聖。スポッ スポッと葵の右手と自分の左手の手袋を外すと、手をつないで歩いていきます。
「じゃ行きますか」

遊園地
二人がやってきたのは遊園地。葵は、食べ物や飲み物を思いっきり楽しみます。
とても楽しそうな葵の横顔を静かに見つめる柊聖。
(葵といると)
(楽しくて)
(愛しくて)
2人が次の目的地に向かって歩いていると、ドンと背中を叩かれます。

「パパママまってー」
振り返ると小さな子供が。どうやら迷子になってしまったようです。
「俺らに似てたか?」
「ううん」
「こんなカッコよくない」
「・・・・・・」
とりあえず柊聖が子供を迷子センターに送ろうとしていると・・・

「たーくーとぉ~~~~」
「いつも急に走り出すなよ」
「あせっただろーがー!!」
「パパママ!」
お父さんとお母さんが全力で走ってきて、思いっきり子供を抱きしめます。

柊聖達にお礼を言うお父さん。
「パパふうせんとってー」
すると今度は子供が木に引っかかった風船を取ってくれるようおねだりします。
「うんっ」
「だりゃ!!」
お父さんは風船に向かった何度もジャンプ。しかし、ゴキっとにぶい音が。

「ほ・・・ほらよ拓人」
お父さんは腰を痛めてしまったようですが、やせ我慢しながら子供へ風船を渡します。
3人で手をつないで帰っていく親子。
「・・・なんだよ」
「カッコいいじゃん」
楽しそうな3人の後ろ姿を見送っていると、柊聖は自分と葵とまだ見ぬ2人の子供の姿に見えてきます。

ツリー
「わーーー!!」
「すごいねフォレストツリー!!」
「・・・ほんとでけーな」
でっかいツリーを目の前にしてハシャぐ葵の横で、柊聖もニッコリと笑います。

そんな柊聖の横顔をジッと見つめる葵。
「・・・よかった」
「・・・よかった笑ってくれて」
「柊聖最近元気なかったから」
葵の言葉に柊聖は唖然とした表情に。そんな柊聖の様子を見て、葵もハッとします。

「あ」
「あのね!!」
「じゃーん」
「ここでクリプレ第2段!!」
あわてたように、バックから大量のお菓子を取り出す葵。
「柊聖センター試験もうすぐでしょ」

「それでね面白いものがありまして・・・」
「まずは定番」
「『キットカット』で『きっと勝つ』!!」
「試験に『うカール』!!」
「『うカルピス』!!」
「そんでなんとこれ!!」
「ただのポッキーじゃないんだよ」
「逆さにすると『きっぽー』→『吉報』!!」
「すごくない?」
一生懸命 自分を励ます葵の姿を見て、柊聖は泣きそうになってきます。

「・・・は・・・っ」
(なんでオレ)
(こんなふがいないんだ)
(いつも葵に支えられて)
(笑顔をもらって)
無言でギュッと葵を抱きしめる柊聖。
(葵が愛しい)
(そう思えば思うほど)
(いまのオレじゃ足りない)
「葵」
「オレアメリカ行く」

遊園地
「アメリカって」
「旅行じゃないよね・・・?」
葵は、柊聖の言葉に呆然となります。
「オレは・・・」
「この先ずっと葵と一緒にいたい」
「葵と家族をつくりたいって思う」

葵の目をジッと見つめて話し出す柊聖。
「・・・玄関を開けたら」
「おかえりって言ってくれる人がいて」
「家族みんなであったかいご飯食べながら」
「今日あったこととか話したり」
「次の休みどこ行こうとか話したり」
「・・・そういう家族になりたいってすげー思う」
「なれるよ」
「なろうよ!!」

葵は柊聖に必死に訴えかけます。
「自信がないんだよ」
「オレはそういう光景を知らなかったし」
「そういう家族をつくることがすげー大変だって思うから」
「いまオレ自信が変わらなきゃダメなんだよ」
そう言って、柊聖は悲しそうに葵を抱きしめます。

帰り
遊園地からトボトボと歩いて帰る葵と柊聖。
(・・・柊聖がおかしかったのは)
(このせいだったんだ)
(ずっと考えてたんだ)
(本気なんだ)
(アメリカに行っちゃうんだ)
(もっと遠くに行っちゃうんだ)

2人は何も話さないまま、アパートの前までたどり着きます。
「・・・うち」
「寄ってかない?」
「まだクリスマス終わりたくないよ」
葵は柊聖の腕にすがりつき、それに柊聖も応えます。

ガチャ
葵に続き、ひさしぶりにこの部屋へやってきた柊聖。すると、部屋に入るなり、イキナリ葵が服を脱ぎだします。
「・・・おい」
「葵・・・」
下着姿で柊聖に抱きつく葵。
「・・・しようよ」
「柊聖ともっと触れ合いたいよ」

「このままじゃ不安だよ」
「なんでアメリカじゃなきゃダメなの」
「なんで離れなきゃダメなの」
葵は、今にも泣き出しそうな顔をして訴えます。
そんな葵をギュッと抱きしめる柊聖。
「・・・葵が寝るまでそばにいるから」
葵は柊聖を振りほどき、悲しそうに布団に潜り込みます。
「・・・柊聖がわかんないよ」

翌日
翌朝、葵がガバッと目を覚ますと、横には柊聖が布団もせずに寝ています。
(・・・いてくれたんだ・・・)
葵は柊聖にそっと布団をかけます。
柊聖の寝顔を見ながら、これからのことを考える葵。いま柊聖が起きても、何を話していいか分かりません。
「葵と家族をつくりたいって思う」
葵の頭に昨日の柊聖の言葉が蘇ります。

どうしていいか分からなくなった葵は、結局柊聖を起こさないまま、自宅へ帰ることに。
「メリークリスマース!!」
「おかえり葵ーーー!!」
帰ってきた葵を、お母さんと健斗が出迎えます。
「もー急に来るって言うからびっくりしたわよ」

「パパ!!」
「葵来てるわよ」
お母さんに呼ばれ、お父さんも気恥ずかしそうに顔を出します。
それから、家族5人一緒にご飯を食べることに。食卓では、みんな冗談を言いながら、笑いが絶えません。
葵にとっては見慣れたいつもの光景ですが・・・
なぜか葵の目から涙が溢れてきます。

「・・・あ」
「葵・・・?」
悲しそうに顔を伏せる葵。
「・・・あたしには」
「お父さんがいて」
「お母さんがいて」
「健斗がいて」
「苗がいて」
「それが」
「あたりまえのことだって思ってたけど」

話しながら、葵は柊聖が家族の話題になると、いつもどこか寂しそうにしていたことを思い出します。
「こんな他愛のない日常でも」
「柊聖にとってはぜんぜんあたりまえじゃなくて」
「わかったつもりになって」
「ぜんぜんわかってなくて」
「自分がむかつく」
「くやしい・・・」

ピンポーン
その時、玄関のチャイムの音が聞こえてきます。
「・・・・・・・え!?」
インターホンのモニターには、ハアハアと肩で息をする柊聖の姿が。

すると葵パパは娘を担ぎ上げて玄関先の柊聖の所に連れて行き、
(概要)葵は修正のことをわかってなかったと言ったが、20年近く連れ添ってきた俺でも未だにママのことがよくわからん。
だから 踏み込んで向き合ってきた」・・・とありがたい言葉を投げかけます。
するとその言葉にヒントを得た葵と柊聖はお互いの本心をさらけ出し、やっと仲直り♡。
しかも、、葵がアメリカ行きを笑顔で了解すると、、柊聖が・・・!

L・DKの22巻へ 
 

 

 
L・DKの24巻へ
前回と次回のネタバレです↑↑
 
他の方が書いた漫画感想が読めます。
ランキング形式ですので見たかった
漫画のネタバレに出会えるかも!?
↓↓↓↓↓↓
 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


 

 



無料試し読みできる電子コミックサイト

おすすめの電子コミックサイト!
自分好みの少女漫画がきっと見つかるはずです↓↓↓↓↓↓↓↓
少女漫画を読むならソク読み

【その他おすすめまんが一覧】

 

黎明のアルカナ全話一覧へ

 

なまいきざかり。全話一覧へ

 

オレ嫁。~オレの嫁になれよ~全話一覧へ

 

神様はじめました全話一覧へ

 

明治緋色綺譚全話一覧へ

 

明治メランコリア全話一覧へ

 

キミのとなりで青春中。全話一覧へ

 

僕の初恋をキミに捧ぐ全話一覧へ

 

溺れる吐息に甘いキス全話一覧へ

 

王子様には毒がある。全話一覧へ

 

煩悩パズル全話一覧へ

 

春待つ僕ら全話一覧へ

 

さぁ、ラブの時間です!全話一覧へ

 

ラブファントム全話一覧へ

 

近キョリ恋愛全話一覧へ

 

まじめだけど、したいんです!全話一覧へ

 

永久指名おねがいします!【特装版】全話一覧へ

 

ハニー全話一覧へ

 

ひよ恋全話一覧へ

 

シックスハーフ全話一覧へ

 

初恋ダブルエッジ全話一覧へ

 

日々蝶々全話一覧へ

 

ハチミツにはつこい全話一覧へ

 

社長とあんあん全話一覧へ

 

桃色ヘヴン!全話一覧へ

 

菜の花の彼―ナノカノカレ全話一覧へ

 

花にけだもの全話一覧へ

 

覆面系ノイズ全話一覧へ

 

暁のヨナ全話一覧へ

 

黒伯爵は星を愛でる全話一覧へ

 

嘘つきボーイフレンド全話一覧へ

 

37.5℃の涙全話一覧へ

 

ひとりじめ~調教願望~全話一覧へ

 

はじめてのケダモノ全話一覧へ

 

天に恋う全話一覧へ

 

黒崎くんの言いなりになんてならない全話一覧へ

 

女王の花全話一覧へ

 

私たちには壁がある。全話一覧へ

 

となりの怪物くん全話一覧へ

 

L・DK全話一覧へ

 

コーヒー&バニラ全話一覧へ

 

スキップ・ビート!全話一覧へ

 

高校デビュー全話一覧へ

 

ひるなかの流星全話一覧へ

 

ヒロイン失格全話一覧へ

 

こっちにおいでよ。全話一覧へ

 

狼陛下の花嫁全話一覧へ

 

銀盤騎士全話一覧へ

 

5時から9時まで全話一覧へ

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる全話一覧へ

 

ダメな私に恋してください全話一覧へ

 

君に届け全話一覧へ

 

PとJK全話一覧へ

 

ちはやふる全話一覧へ

 

大正ロマンチカ全話一覧へ

 

東京タラレバ娘全話一覧へ

 

赤髪の白雪姫全話一覧へ

 

ストロボ・エッジ全話一覧へ

 

今日、恋をはじめます全話一覧へ

 

きょうは会社休みます。全話一覧へ

 

突然ですが、明日結婚します全話一覧へ

 

逃げるは恥だが役に立つ全話一覧へ

 

オオカミ少女と黒王子全話一覧へ

 

どうせもう逃げられない全話一覧へ

 

片翼のラビリンス全話一覧へ

 

はぴまり全話一覧へ

 

アオハライド全話一覧へ

 

きょうのキラ君全話一覧へ

 

ココロボタン全話一覧へ

 

BLACK BIRD全話一覧へ

 

ここからは少年マンガの全話一覧になります↓↓

 

カラダ探し全話一覧へ

 

七つの大罪全話一覧へ

 

ノラガミ全話一覧へ

 

ドメスティックな彼女全話一覧へ

 

妖怪アパートの幽雅な日常全話一覧へ

 

食戟のソーマ全話一覧へ

 

僕のヒーローアカデミア全話一覧へ

 

DAYS全話一覧へ

 

弱虫ペダル全話一覧へ

 

ハイキュー!!全話一覧へ

 

HUNTER×HUNTER全話一覧へ

 

マギ全話一覧へ

 

FAIRYTAIL全話一覧へ

 

この音とまれ!全話一覧へ

 

BLEACH全話一覧へ

 

べるぜバブ全話一覧へ

 

バクマン。全話一覧へ

 

アカメが斬る!全話一覧へ

 

ナルト全話一覧へ

 

トリコ全話一覧へ

関連コンテンツ

ブログアクセス

PVアクセスランキング にほんブログ村

 - L・DK , , ,