少女漫画ネタバレ

人気の少女漫画やまんが全般をネタバレで紹介!漫画のネタバレならお任せ!!

少年まんがの人気漫画「アカメが斬る!」15巻『最終巻』を無料で試し読み!?

      2017/10/30

『アカメが斬る!』のアニメもオススメ!!
少年まんが『アカメが斬る!』あらすじ 15巻 ネタバレ
無料試し読みも紹介であらすじを全巻ネタバレ!
人気少年まんが『アカメが斬る!』の結末まで15巻をネタバレ!

アカメが斬る!15巻あらすじ

 




「アカメが斬る!」15巻あらすじとネタバレ

「アカメが斬る!」15巻あらすじ

帝国の最終兵器シコウテイザーは、敵味方問わない虐殺を開始する。立ち向かうタツミ、しかしその前にエスデスが立ちはだかる…。アカメ達はエスデスを討ち、帝国を打倒することが出来るのか!? 大人気ダークファンタジー、ここに堂々完結!!




「アカメが斬る!」15巻 ネタバレ

革命軍の医師に肉体強化用の薬物を要求するアカメ。

「ウェイブを見ていけるかもと思ったが」
「相性の問題か・・・」
「帝具二つ持ちはやはり不可能だった・・・」
「私は村雨以外使えない」
「となると残る道は薬物投与しか残ってない」

一度でも使えば感覚を鈍らせてしまう薬物の使用を医師は反対しますが・・・

「その時さえ良ければ私はいい」
「どのみちこれがもう最後の戦いだ」
「エスデスを葬るという私の役目」
「可能性は1%でも上げておきたい」

何を言われようと決意は変わらないアカメ。結局、医師が折れ、アカメはエスデスとの戦いの直前に薬物を使用することになります。

タツミ

懇親の一撃で、シコウテイザーを吹き飛ばしたタツミ。しかし、ついに限界を越えたのか、ズドンと地上へ落下します。

「あ・・・」
「ア」
「ア」
「アアアアアアアアアアアアアアアア」

苦しそうに、唸り声を上げるタツミ。そして、タツミの体をインクルシオが取り込み、巨大な龍へと変化。ゴアアアアアアアアアアアと咆哮を轟かせます。

その様子を呆然と見つめる革命軍の兵士たち。どうにかしてタツミを救いたいものの、どうしていいか分かりません。

(なんとしても助けたい・・・)
(もう命の軽い暗黒時代は・・・)
(終わらせるのだ)

アカメvsエスデス

薬物の力のおかげで、エスデスと互角に渡り合うアカメ。しかし、除々に息が切れ、動きが重くなっていきます。

「そろそろ終わりか」
「即死刀の脅威もあって」
「楽しませてくれたな」
「最後に大暴れした後は」
「別の土地に行きまた戦いを探すか」
「戦いを生み出すか」

アカメにトドメを刺そうと歩を進めるエスデス。

そのエスデスの周りに、突如ナジェンダ率いる革命軍が現れます。

「アカメ待たせたな・・・」
「よくエスデスを食い止めてくれた」
「おかげで包囲と布陣が整った」

10万以上の精鋭と、10人以上の帝具使いを揃えたナジェンダ。百万の兵に匹敵する兵力で、エスデスへ最後の戦いを仕掛けます。

「百万の兵に圧殺されて死ね!!」
「エスデス」

自信満々の様子のナジェンダ。しかし、エスデスも余裕の表情を崩しません。

「たかだか百万ぼっちで」
「私を殺せると思ったのか」
「対軍用の奥の手」
「真の姿を見せてやろう」

空に向かって指差すエスデス。すると革命軍が隔離していた氷騎兵の力がエスデスへと集まってきます。

革命軍vsエスデス

「氷騎兵は数日前からコツコツ作成している」
「つまり数日分貯めていた力の貯金を一気に下ろしたわけだ・・・」
「そして!」
「氷嵐代将軍!!」

集めた力を解放するエスデス。すると、辺り一面に吹雪が降り注ぎます。

「冬将軍という言葉を知っているだろう」
「まさにそれだ」
「この国の大部分を氷雪で覆った・・・」
「この場だけでなく」
「全土にいる貴様等の仲間も倒す」

エスデスは狂喜の笑みを浮かべ、革命軍へ歩み寄っていきます。

(至高の帝具は)
(都市や城を攻撃できる帝具だった)
(だがコイツはこの世界を)
(国土そのものを攻撃している)
(エスデスやはりお前は)
(生まれついての殺戮者だ)

エスデスの力に圧倒されるナジェンダ。

革命軍の帝具使いがエスデスに襲いかかりますが、一瞬で氷漬けにされてしまいます。

「いい顔をしてきたなナジェンダ」
「そうでなくては・・・」
「最強の力に」
「震えながら凍ってゆけ」
タツミ

「うおっ」
「あ」
「暴れるな!」

竜と化したタツミをロープで束縛する革命軍。その間に医師が診察をしますが、タツミはすぐにロープを千切って飛んで行きます。

医師はわずかな時間の診察で、今はかろうじてタツミの心が残っているものの、それも竜に飲み込まれようとしているのを感じます。

鎧にされた状態からあそこまで復活した竜を見て、医師はあることに気づきます。

(私は馬鹿か)
(なぜタツミが竜と混ざり始めた時に他の帝具使いも混ざる危険があると想像に至らなかったのか)
(帝具という括りは変わらないだろうに)
(体を半獣化するライオネルなんぞいかにも危ない)
(・・・これだけ帝具を長く使用した時代は恐らく初めて文献にない)
(副作用なども考えねば)

タツミが向かった先はエスデス。まだ心が残っているのか、竜になりながらもエスデスに攻撃を仕掛けします。

「タツミ・・・!!」
「急激な進化の代償か・・・」
「竜になってしまったのだな」
「だが美しいぞ!」
「わき上がる愛しさは変わらん!」
「お前は」
「私が倒す!!」

エスデスは嬉しそうにタツミと対峙。

「何をしているタツミ!!」
「そんな姿になって・・・」
「お前はもう十分戦ったろう!」
「ここは任せて下がれ!!」

そこへやってきたアカメが、タツミを休ませようと説得しますが・・・

「吹雪・・・」
「早ク・・・」
「止メナイト・・・」
「マイン・・・」
「寒イ」

こんな状態になってまで仲間のことを考えているタツミに、アカメは呆然とします。

vsエスデス

タツミに加えて、複数の帝具使いと、山ほどの兵士がエスデスに襲いかかります。しかし、圧倒的な力を見せつけるエスデスに全く歯が立ちません。

「つ・・・強すぎる」
「傷一つつけられない」
「このままじゃ本当に我々はエスデスに全員・・・」

革命軍の兵士は、心が折れそうになってしまいます。

「いや」
「一人で百万を殺せるわけがない」
「いくらあいつでも体力が持つまい」
「大軍でも一人を一度に攻撃できる人数はたかが知れてるだろう」
「そこであいつは無双を見せ続け」
「寒波と合わせてこちらの士気を壊すことが狙いなんだ」
「エスデスと戦うよりは逃げて寒さと戦った方が生存できる」
「兵達がそう思った瞬間・・・」
「こちらは敗北する」

エスデスの狙いを読み取るナジェンダ。

(頼むぞアカメ・・・)
(吹雪のせいで時間をかけられない)
(焦りは禁物だが確実に決めてくれ)

アカメ

その頃アカメは、命をかけて戦う兵士達の陰を走り回り、あらゆる角度からエスデスの隙を伺っています。

エスデスが帝具使いに攻撃を仕掛けた瞬間、他の4人の帝具使いが一気に攻撃を仕掛けます。

「愚かな」

(気配で)
(すべて)
(分かる)
(だろうが!!)

4人の帝具使いを一瞬のうちに叩き伏せるエスデス。そして、トドメを刺そうと手を振り上げます。

「これだから戦いは・・・」
「やめられんっ・・・!!」

手を振り下ろそうとした瞬間、ハッとするエスデス。

「ようやく鋤を見せたな・・・」
「そこなら斬れた」

アカメがエスデスの後ろを駆け抜けていきます。

斬られるまで全くアカメに気づかなかったエスデス。しかし、次の瞬間・・・

「摩訶鉢特魔!!」

エスデスは時間停止の技をかけ、ためらいなく村雨に斬られた右腕を切り落とします。

アカメとタツミ

(・・・腕が!?)
(時間停止・・・無理矢理 死を回避したか・・・)

切り落とした右腕には氷の剣をまとわせ、戦い続けるエスデス。

「グアアアアア!!」

その時、それまでエスデスのみに敵意を向けていたタツミが、アカメへ殴りかかります。アカメはどうにか初撃を回避したものの、すぐにもう一方の腕が襲いかかってきます。

タツミの腕がアカメを捉えようとした瞬間・・・寸前で攻撃を止めるタツミ。

「・・・斬ッテ・・・クレ・・・」
「モウ意識ガ・・・」
「消・・・エ・・・」
「止メラレナイ」
「・・・約束」
「シタロ・・・」
「ハヤク」

タツミは朦朧とした意識で、アカメへ語りかけます。この戦いの前の約束を思い出し、思わず顔を伏せるアカメ。

「ああ」
「約束したな」
「分かった」
「私が斬る」

悲しげな瞳でタツミを見つめ、タツミの体に刃を突き立てます。

次の瞬間、アカメの体が凄まじい力を纏い始めます。

「アカメ・・・!?」

エスデスは、ハッとアカメを振り返ります。

これまで、数え切れないほどの命を斬り続け、いま友の体をも切り裂いたアカメ。いざとなれば妹でさえ斬っていたであろうアカメを村雨が主として強く認め、奥の手 役小角が解放されます。

「最終標的エスデス・・・」
「葬る!!」
アカメvsエスデス

呪いの力で強化されたアカメを、ゾクゾクするような瞳で見つめるエスデス。

「お前らは邪魔だ!」

エスデスが近くの兵士を斬り捨てようとしますが・・・

猛スピードでアカメが突っ込んできます。

「お前こそ」
「新しい世界に邪魔だ」

エスデスは、アカメの刀を受け止めるので精一杯。

しかし、アカメの一瞬の隙を突き、エスデスが氷の力でアカメを吹き飛ばします。

「こっちが本命だ!!」
「飛べないお前は空で自由がきくまい!」

さらに、無数の氷解をアカメに向かって撃つエスデス。

しかし、逆にアカメを氷解を足場に次々と飛び跳ね、エスデスとの距離を詰めます。

エスデスに向かって、村雨を振り下ろすアカメ。エスデスの指が吹き飛びますが・・・

エスデスは切り口をすぐに氷で冷却し、無事のようです。

「拷問の達人と聞く・・・」
「今まで数多の命を刻んで来たのだろうが・・・」
「今度はお前が刻まれていくんだ」

「そうして私の心をかき乱すのが作戦か?」
「くだらん」
「普通に攻めてこい!!」

エスデスの反撃

氷の力をうまく使い、アカメに反撃するエスデス。

「刻み返す」
「いい戦いだな」
「誰にも邪魔されたくはない!!」

2人の周りを氷の柱が覆います。

外では、ナジェンダが革命軍の立て直しを急ぎます。

(あれだけの強化だ)
(持続時間は短いとみた)
(援護が間に合うか・・・?)

氷の柱に覆われた空間で、剣を打ち合うアカメとエスデス。すると、エスデスが氷の刃をアカメに放ちます。

(被弾した・・・!)
(そうか・・・)
(これは)

これまでよりも、さらに激しく動き回るアカメ。

「周囲を冷却させているな!」

「この寒さでもたいして動きが落ちんとは!」
「やるな!」

何度も打ち合い、だんだんとアカメの息が切れてきます。

(この力も長くは保たない)
(次で決着をつけないと)

アカメの考えをエスデスも察知。

「これで決着だ」

決着

エスデスの体を氷が覆い始めます。そして、あっという間に、エスデスを中心とした巨大な鎧ができあがります。

「これならどうだ」
「どこも斬れまいアカメ!!」

氷を纏ったまま、殴り掛かるエスデス。しかし、アカメは素早い動きでかわします。

(動きが鈍くなっただけだぞ!)

氷ごと砕こうと、思いっきり刀を振り下ろすアカメ。しかし、一瞬で氷の鎧を解いたエスデスが、真剣白刃取りで刀を受け止めます。

「力を込めた分」
「読みやすい太刀筋だな」

そのまま刃先を凍らせるエスデス。

(この厄介な刀は・・・)
(砕く・・・)

村雨は真っ二つに折られてしまいます。

それでも、すぐに走り出すアカメ。エスデスの剣を拾い、エスデスに向かって突き出します。

回避は間に合うかに思われましたが・・・

アカメが宙に舞う村雨の根本を押す出し、エスデスの胸元へ突き刺さります。

「なにっっ・・・!!」

「ここなら手当てもデキまい」

エスデスの最後

ドサッと崩れ落ちるエスデス。

「村雨に・・・」
「気を取られすぎていたか・・・」

エスデスが力なくつぶやきます。

その時、上空へ龍になったタツミが飛んできます。

「・・・タツミ」
「生きていたのか」

しばらく無言でタツミを見つめるエスデス。

「・・・・・・」
「負け・・・だ」

エスデスがスッと立ち上がります。

「死ぬとする」

氷を纏い始めるエスデス。

(この世界で)
(己の欲するままに生きてきた)
(だが・・・)
(お前には一度も振り向いてもらえなかったな)
(それだけが心残りだ)
(タツミ・・・)

エスデスを覆った氷がチリのように砕け散ります。

革命軍

「よくやってくれたアカメ!」

アカメを労るナジェンダ。

「皆の犠牲があってこそだ・・・」
「私一人の力ではない」
「タツミも・・・」
「一応無事だったしな」

そばには、龍になったタツミの姿が。あの後、タツミを触れたアカメが2つの命を感じ、強い方の命を斬り、今にも消えそうだったタツミの命を救ったようです。

「生キテルダケ」
「嬉シイ」
「アカメ」
「ありがとう」
「帰レル」

龍の姿でお礼を言うタツミ。

「お前は私に約束したからな」
「オレは死なないって」
「私はそれを守ってもらっただけだ」

アカメが温かい微笑みを浮かべます。
大臣

革命軍が必死に探す中、地下道を走っていく大臣。誰にも見つかることなく、逃げ切れるかに思われましたが・・・

「はごおおおおおおおおおおおおおおお」

何かの衝撃で、大臣の体が吹っ飛びます。

「なっ」
「お」
「おおおおお前は!?」
「・・・なぜ生きている!」
「ありえん!」

大臣の目の前に現れたのは、何とレオーネ。

「・・・まさか私まで危険種と混じってたとは・・・」
「自分でもビックリだよ」

ドボ

レオーネがさらに追撃を加え、大臣の土手っ腹に穴が空きます。しかし、特殊な鍛え方をしている大臣は、まだまだ死にそうにもありません。

「ここで終われるかあああ!!!」
「まだまだ私は人生を!!!」

レオーネは泣き叫ぶ大臣を引きずり、革命の前に投げ捨てます。

「だからさぁ」
「楽しんんで来いよ人生を」

その後、拘束された大臣は、恨みを持つ物一人ひとりに少しずつ切り刻まれ、長い時間をかけて絶命します。

レオーネ

「レオーネっっ!!」

レオーネの歩く姿を見て、アカメが駆け寄ります。そして、ひどい怪我をしているレオーネのために医者を呼びに行こうとしますが、レオーネはそれを断ります。

「いや」
「もういいんだ」
「私は」
「もういいんだ」
「今まで動けてたのが奇跡だったんだ・・・」

アカメをギュッと抱きしめるレオーネ。

(この冷たい感触・・・は・・・)

その感触に、アカメは呆然とします。

「最期は好きな所で好きなように死なせてくれよ」
「親友」

アカメの頭をなでながら、満足そうな笑顔を浮かべるレオーネ。そして、どこかへ歩いていきます。

「レオーネ・・・」

それから数時間、レオーネは大好きな酒を飲み、バカ騒ぎをして過ごします。そして、店を出て暗くなった路上で静かに息を引き取ります。

タツミとマイン

数日後。目は覚めたものの精気のない顔をしているマインが、タツミの前に連れてこられます。

「マイン・・・」
「オレ戻ッ・・・」
「コレカラハ」
「オ前トイル・・・」

竜の姿で語りかけるタツミ。

「タツミ・・・?」

徐々に顔に精気が戻り、マインの目から涙が溢れてきます。

そんな二人を、遠くからアカメとナジェンダが見つめています。

「良かったな」

「・・・まさかお腹にタツミの子がいるとはな」
「いつの間に・・・」
「お熱い二人だ」

その後、タツミとマインは辺境の地で、生まれてきた子供と一緒に穏やかに暮らします。

アカメとクロメ

ウェイブの献身のおかげで体から薬が抜けたクロメ。しかし、心が正常に戻ると、毎晩 幻覚を見るようになってしまいます。

「お姉ちゃん」
「私は怖いよ・・・」
「殺した人の幻も・・・」
「出て来るようになって・・・」

「クロメは自分の身が大変なのに」
「ウェイブを帝都に向かわせてくれたんだろ?」
「おかげで多くの民が帝具の炎から守られたと聞く」
「胸を張っていい」

ベッドの中で赤ん坊のようにすがりついてくるクロメを、ギュッと抱きしめるアカメ。

それからクロメとウェイブは一緒に過ごし、アカメも頻繁に顔を出し、クロメは残された時間を幸せに過ごします。

新国家

それからすぐに新国家が成立。しかし、野心を持ち、不穏の動きを見せるものは後を絶ちません。

タツミやクロメを静かに療養させるため、アカメは村雨の呪いで痛む体を酷使し、ひとり闇の中で戦い続けます。

数年後・・・

(新国家は成った)
(もう私の居場所はない・・・)
(新国家が殺し屋を使っていた事実などあってはならない)

アカメは東方未開の島国を目指し、船に乗り込みます。

(辛いことの連続だった・・・)
(でも・・・)
(仲間と過ごした時間は・・・)
(楽しかった・・・)

昔これと同じような船の上で、平和になったらみんなで帝国の外へ行こうと誓い合ったことを思い出すアカメ。しかし、ここにはもう誰もいません。

(私は生き残った)
(ならば生き続ける)
(生き続けねば)
(私には斬ることしかできないが・・・)
(それで開ける)
(道もある・・・)

アカメが斬る!の14巻へ      
 

 
アカメが斬る!の全話一覧へ
前回と次回のネタバレです↑↑
 

 



無料試し読みできる電子コミックサイト

おすすめの電子コミックサイト!
自分好みの少女漫画がきっと見つかるはずです↓↓↓↓↓↓↓↓
少女漫画を読むならソク読み

【その他おすすめまんが一覧】

 

カラダ探し全話一覧へ

 

七つの大罪全話一覧へ

 

ノラガミ全話一覧へ

 

ドメスティックな彼女全話一覧へ

 

妖怪アパートの幽雅な日常全話一覧へ

 

食戟のソーマ全話一覧へ

 

僕のヒーローアカデミア全話一覧へ

 

DAYS全話一覧へ

 

弱虫ペダル全話一覧へ

 

ハイキュー!!全話一覧へ

 

HUNTER×HUNTER全話一覧へ

 

マギ全話一覧へ

 

FAIRYTAIL全話一覧へ

 

この音とまれ!全話一覧へ

 

BLEACH全話一覧へ

 

べるぜバブ全話一覧へ

 

バクマン。全話一覧へ

 

アカメが斬る!全話一覧へ

 

ナルト全話一覧へ

 

トリコ全話一覧へ

 

ここからは少女マンガの全話一覧になります↓↓

 

黎明のアルカナ全話一覧へ

 

なまいきざかり。全話一覧へ

 

オレ嫁。~オレの嫁になれよ~全話一覧へ

 

神様はじめました全話一覧へ

 

明治緋色綺譚全話一覧へ

 

明治メランコリア全話一覧へ

 

キミのとなりで青春中。全話一覧へ

 

僕の初恋をキミに捧ぐ全話一覧へ

 

溺れる吐息に甘いキス全話一覧へ

 

王子様には毒がある。全話一覧へ

 

煩悩パズル全話一覧へ

 

春待つ僕ら全話一覧へ

 

さぁ、ラブの時間です!全話一覧へ

 

ラブファントム全話一覧へ

 

近キョリ恋愛全話一覧へ

 

まじめだけど、したいんです!全話一覧へ

 

永久指名おねがいします!【特装版】全話一覧へ

 

ハニー全話一覧へ

 

ひよ恋全話一覧へ

 

シックスハーフ全話一覧へ

 

初恋ダブルエッジ全話一覧へ

 

日々蝶々全話一覧へ

 

ハチミツにはつこい全話一覧へ

 

社長とあんあん全話一覧へ

 

桃色ヘヴン!全話一覧へ

 

菜の花の彼―ナノカノカレ全話一覧へ

 

花にけだもの全話一覧へ

 

覆面系ノイズ全話一覧へ

 

暁のヨナ全話一覧へ

 

黒伯爵は星を愛でる全話一覧へ

 

嘘つきボーイフレンド全話一覧へ

 

37.5℃の涙全話一覧へ

 

ひとりじめ~調教願望~全話一覧へ

 

はじめてのケダモノ全話一覧へ

 

天に恋う全話一覧へ

 

黒崎くんの言いなりになんてならない全話一覧へ

 

女王の花全話一覧へ

 

私たちには壁がある。全話一覧へ

 

となりの怪物くん全話一覧へ

 

L・DK全話一覧へ

 

コーヒー&バニラ全話一覧へ

 

スキップ・ビート!全話一覧へ

 

高校デビュー全話一覧へ

 

ひるなかの流星全話一覧へ

 

ヒロイン失格全話一覧へ

 

こっちにおいでよ。全話一覧へ

 

狼陛下の花嫁全話一覧へ

 

銀盤騎士全話一覧へ

 

5時から9時まで全話一覧へ

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる全話一覧へ

 

ダメな私に恋してください全話一覧へ

 

君に届け全話一覧へ

 

PとJK全話一覧へ

 

ちはやふる全話一覧へ

 

大正ロマンチカ全話一覧へ

 

東京タラレバ娘全話一覧へ

 

赤髪の白雪姫全話一覧へ

 

ストロボ・エッジ全話一覧へ

 

今日、恋をはじめます全話一覧へ

 

きょうは会社休みます。全話一覧へ

 

突然ですが、明日結婚します全話一覧へ

 

逃げるは恥だが役に立つ全話一覧へ

 

オオカミ少女と黒王子全話一覧へ

 

どうせもう逃げられない全話一覧へ

 

片翼のラビリンス全話一覧へ

 

はぴまり全話一覧へ

 

アオハライド全話一覧へ

 

きょうのキラ君全話一覧へ

 

ココロボタン全話一覧へ

 

BLACK BIRD全話一覧へ

 










 - アカメが斬る! , , ,